JR貨物18D形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR貨物18D形コンテナ
JR貨物 18D形コンテナ 18D-1
JR貨物 18D形コンテナ 18D-1
全長(内寸法) 3,715mm (3,642mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,261mm)
全高(内寸法) 2,500mm (2,209mm)
荷重 5t
内容積 18.3m3
自重 1.5t
扉位置 両側側面
製造初年 1988年(昭和63年)
形式消滅年 2013年(平成25年)
製造メーカー 富士重工業東急車輛製造
製造数 23,600個
外面色 青22号、クリーム
テンプレートを表示

JR貨物18D形コンテナ(JRかもつ18Dがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が国鉄コンテナを置き換える目的で1988年(昭和63年)から1991年(平成3年)までに23,600個を製造した、12ft型のドライコンテナである。

使用中の18D-17053

構造[編集]

両側扉二方開きで、外法寸法は高さ2,500mm、幅2,438mm、長さ3,715mmと従来のコンテナよりも全長が長くなっている。最小内法寸法は高さ2,209mm、幅2,261mm、長さ3,642mm。側入口は高さ2,159mm、幅3,635mm。床面積は8.3m2、内容積は18.3m3。最大積載量は5t

外観は塗色は18A形などと同一であるが、塗装パターンが異なる形へ変更されている。

現状[編集]

その製造数から一気に一大勢力のコンテナとなり、一時代を築いたが、経年による老朽化も目立つようになり、19D形20D形などへの置き換えにより廃棄が進み、2013年(平成25年)1月に全廃になった。

過去に静脈物流専用のW18D形に改造されたものもあり、W18F形登場後も静脈輸送の主力コンテナとして使用されていたが、こちらも老朽化により全てが廃棄された。

現在は、死重用途のZD18D形に改造されたものが残るのみで、北海道で10個試験で使用されている。

またZD化していない18D-1が京都貨物駅に保存されている。

製造[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]