JR貨物19A形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR貨物19A形コンテナ
全長(内寸法) 3,715mm
全幅(内寸法) 2,500mm
全高(内寸法) 2,500mm
荷重 5t
内容積 19.0m3
自重 1.5t
扉位置 両側側面
製造初年 1992年(平成4年)
形式消滅年 2014年(平成26年)
製造メーカー 東急車輛製造
製造数 1,001個
外面色 赤紫色(JRFレッド)、黒
テンプレートを表示

JR貨物19A形コンテナ(JRかもつ19Aがたコンテナ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が1992年平成4年)から1994年(平成6年)までに1,001個を製造した12ftコンテナである。

19A形コンテナ(188+918) 更新施工済の●印が標記されている。

構造[編集]

両側扉二方開きで、外法寸法は高さ2,500mm、幅2,500mm、長さ3,715mmと従来のコンテナよりも全幅が大きくなっている(従来は幅2,438mm)。内容積は19.0m3となり現在でも12ftコンテナでは最大容量である。最大積載量は5t

外観塗装は従来のものから一新され、上部が赤紫色(JRFレッド)、下部が黒で、白でJRFのロゴが配されたものへとなった。ただしトップナンバー(試作)の19A-1のみは18シリーズと同様のブルーで一色塗りされており異彩を放っている。

幅が広いことが本形式の特徴であるが、それ故トラック積載時に問題が発生する可能性があるとの点から、量産型は1,000個で製造終了している。 全コンテナが東急大阪製作所で製造された。

現状[編集]

2013年(平成25年)に全廃になった。

老朽化も目立つようになり、現在急速にその数を減らしており運用個体は既に存在しない。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]