国鉄C10形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄C10形コンテナ
全長(内寸法) 3,301mm (3,140mm)
全幅(内寸法) 2,372mm (2,206mm)
全高(内寸法) 2,356mm (2,050mm)
荷重 5t
内容積 14.3m3
自重 1.0t
扉位置 片側妻面
製造初年 1966年(昭和41年)
製造数 15,126個
外面色 黄緑6号
テンプレートを表示

国鉄C10形コンテナ(こくてつC10がたコンテナ)は、国鉄時代のコンテナ記号制定後の1966年(昭和41年)から1969年(昭和44年)、初期の量産コンテナとして15,126個製造された長さ3,301mm(10フィート9.961インチ有蓋コンテナであるため、正確には11ftコンテナと呼ぶのが正しいようであるが、現状では鉄道・物流関係の各種パンフレット・機関紙や業界内の事務書類等では通り名として10ftコンテナと広く呼ばれている。

コキ5500形コキ10000形などに積載され華々しく運用していたが、後継の一回り大きくなった12ftコンテナであるC20形が登場すると、その影は徐々に薄くなっていった。

すでに3世代以上前のコンテナでありすべて廃棄され、倉庫代用などでも老朽化と世代交代により見かける数は激減している。

構造[編集]

片側妻扉の一方開きで、外法寸法は高さ2,356mm、幅2,372mm、長さ3,301mm、自重1.0t。内容積は14.3m3。最大積載量は5tである。外観は黄緑6号に塗装されていた。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連記事[編集]