国鉄NC1形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄NC1形コンテナ
NC1形コンテナ元は黄色の帯部分に日本通運のキャラクターが描かれていた
NC1形コンテナ
元は黄色の帯部分に日本通運のキャラクターが描かれていた
全長(内寸法) 3,658mm (3,539mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,319mm)
全高(内寸法) 2,350mm (2,047mm)
荷重 5t
内容積 16.8m3
自重 1.4t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造メーカー 富士重工業東急車輛製造
製造数 1,000?個
テンプレートを表示
JR貨物に譲渡後、廃棄されたNC1形

国鉄NC1形コンテナ(こくてつNC1がたコンテナ)は、日本通運所有し、日本国有鉄道およびそれを継承した日本貨物鉄道(JR貨物)に籍を有した、側面2方開きの12ft有蓋コンテナ(私有コンテナ)である。後年、大部分がJR貨物に譲渡された。用途廃止が進み、2007年4月1日現在、使用されているものは1個のみとなっている。

番台毎の概要[編集]

0番台[編集]

1 - 250
1985年(昭和60年)春に富士重工業で製作されたロット。大部分が後年JR貨物に譲渡されている。
251 - 500
1 - 250のロットと同時期に、東急車輛製造大阪工場で製作されたロット。大部分が後年JR貨物に譲渡されている。
501 - 600
1986年(昭和61年)春に日本車輌製造で製作されたロット。大部分が後年JR貨物に譲渡されている。
601 - 750
501 - 600のロットと同時期に、富士重工業で製作されたロット。大部分が後年JR貨物に譲渡されている。
751 - 900
501 - 600のロットと同時期に、東急車輌製造大阪工場で製作されたロット。大部分が後年JR貨物に譲渡されている。
901 - 970
1986年(昭和61年)夏に富士重工業で製作されたロット。JR貨物には譲渡されなかった。
971 - 1000
501 - 600のロットと同時期に、東急車輛製造大阪工場で製作されたロット。JR貨物には譲渡されなかった。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]