国鉄C35形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄C35形コンテナ
JR貨物九州支社管内での、宮崎県自主流通米 輸送に携わっていた名残の残る、C35-10329
JR貨物九州支社管内での、宮崎県自主流通米
輸送に携わっていた名残の残る、C35-10329
全長(内寸法) 3,658mm (3,546mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,327mm)
全高(内寸法) 2,438mm (2,086mm)
荷重 5t
内容積 17.2m3
自重 1.3t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造初年 1984年(昭和59年)
形式消滅年 2010年(平成22年)
製造メーカー 富士重工業東急車輛製造
製造数 11,600個
外面色 青22号
テンプレートを表示

国鉄C35形コンテナ(こくてつC35がたコンテナ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が、1984年(昭和59年)から1986年(昭和61年)まで製造した、鉄道輸送用の12ft長5トン積み有蓋コンテナである。

概要[編集]

1983年(昭和58年)に、国鉄は複数方向から荷役可能な二方開きのC31形を製造していたが、全高を若干高くし内容積を増やしつつも、自重及び製造コストの低減を図った本形式が開発された。国鉄コンテナ初の内張りベニヤ板の全面廃止等、構造の簡易化や製作工数の削減により、1個当たりの製造価格は従来の4分の3に削減され、財政難の国鉄末期における大量増備を可能とした。製造は民間の富士重工業東急車輛製造のみならず、全国の国鉄工場[1]でも広く分散して行われ、製作数は11,600個である。

しかし、登場まもなくして荷主や物流関係者から、内張りベニヤ板を撤去したコンテナ内部の鉄板むき出し構造による、荷物の擦れ傷や気温差による結露が直接積荷に浸透し、商品価値の低下や毀損事故の苦情が多発するなど、財政立て直しで実施した苦肉の策である筈の内張り全面廃止が裏目に出てしまい、結局は1986年(昭和61年)に、本形式に従来通りの内張りベニヤ板を施した新形式となるC36形へと製造が移行し、本コンテナの製造は早々と中止されてしまった。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化に際しては、11,592個が日本貨物鉄道(JR貨物)に引き継がれ、継続使用されたが、1994年(平成6年)度以降、19B形19D形19G形などの新形コンテナの登場によって、廃棄やWC35形への改造が進み、2010年(平成22年)度に全廃された。

構造[編集]

側板および屋根、扉に至るまでプレス鋼板製として自動溶接を可能とし、工作の簡易化を図っている。また、製造所により2種のプレス形状がある。

荷役扉は、側面及び妻面の二方開きで、外法寸法は高さ2,438mm、幅2,438mm、長さ3,658mmと、従来の国鉄コンテナより全高が若干増えている。最小内法寸法は高さ2,081mm、幅2,322mm、長さ3,541mm。妻入口は高さ1,937mm、幅2,257mm。側入口は高さ1,937mm、幅3,351mm。床面積は8.3m2、内容積は17.2m3

コストダウンのため、内部に内張り合板が張られず、鋼板にジンクロメート系防錆塗料塗られているのみである点が、他のコンテナと大きく違う。C36形からは、結露防止のため再び合板が貼られるようになった。

製造時期により、荷票受・表示票受の位置に差異がある。初期に製造されたものは、右側の側扉に荷票受とその上に表示票受、反対側面の右端に荷票受が設けられていた。途中から、側扉の荷票受が左側に移され、反対側面の荷票受も左端に移動している。この変更された形態は、C36形・C40形でも踏襲されている。

塗装は、イメージ一新を図るため、青22号「コンテナブルー」一色とされた。この色は、後に発足したJR貨物のコーポレートカラーにも採用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 苗穂・盛岡・土崎仙台郡山大宮大井大船長野名古屋鷹取後藤広島幡生多度津小倉の16工場、釧路新津鹿児島の各車両管理所、旭川五稜郭・若松の各車両センター、博多総合車両部

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平「RM LIBRARY 122 国鉄コンテナのすべて(下)」2009年、ネコ・パブリッシングISBN 978-4-77705265-3

関連項目[編集]