国鉄C11形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄C11形コンテナ
倉庫として利用されているC11形コンテナ(赤碕駅にて)
倉庫として利用されている
C11形コンテナ(赤碕駅にて)
全長(内寸法) 3,301mm (3,148mm)
全幅(内寸法) 2,392mm (2,206mm)
全高(内寸法) 2,356mm (2,050mm)
荷重 5t
内容積 14.3m3
自重 1.2t
扉位置 両側側面、片側妻面
製造初年 1966年(昭和41年)
形式消滅年 2001年(平成13年)
製造数 6,690個
外面色 黄緑6号
テンプレートを表示

国鉄C11形コンテナ(こくてつC11がたコンテナ)は、かつて日本国有鉄道および日本貨物鉄道が所有した鉄道輸送用コンテナである。

コンテナ記号制定後の1966年(昭和41年)、初期の量産コンテナとしてC10形に次いで6,690個が製造された。長さ11ft(俗に10ftとも呼ばれている)の有蓋コンテナである。

構造[編集]

両側側面・片側妻扉の三方開きで、外法寸法は高さ2,356mm、幅2,392mm、長さ3,301mm、自重1.2t。内容積は14.3m3。最大積載量は5tである。外観は黄緑6号に塗装され、側面扉は総開きではないため中央部の扉が目立つ独特の外観であった。

数少ない三方開き(片妻側一方、両側二方開)コンテナであったためか比較的近年まで使われていたが、さすがに30年以上の経年には勝てず2001年(平成13年)度に全廃となった。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]