国鉄C12形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄C12形コンテナ
国鉄C12形コンテナ C12 129
国鉄C12形コンテナ C12 129
全長(内寸法) 3,300mm (3,136mm)
全幅(内寸法) 2,370mm (2,185mm)
全高(内寸法) 2,350mm (1,889mm)
荷重 5t
内容積 12.9m3
自重 1.7t
扉位置 片側妻面、天井
製造初年 1967年(昭和42年)
製造数 260個
外面色 黄緑6号
テンプレートを表示

国鉄C12形コンテナ(こくてつC12がたコンテナ)は、国鉄1967年昭和42年)から1969年(昭和44年)にかけて260個製造した11ft(俗称は10ftと呼ばれている)有蓋コンテナである。

C10形天井をスライド開閉式としたのが本形式である。

構造[編集]

片側妻扉の一方開きで、天井部分をスライドさせて開閉が可能であった。外法寸法は高さ2,356mm、幅2,370mm、長さ3,300mm。自重は1.7t。内容積は12.9m3最大積載量は5tである。外観は黄緑6号塗装されていた。

数少ない天井開閉式の特殊性から後年まで温存され、丁寧にJRロゴに書き換えられて活躍したものもあったが、やはり旧世代のコンテナであることに変わりはない。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連記事[編集]