国鉄C95形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄C95形コンテナ
倉庫に利用されているC95形コンテナ
倉庫に利用されているC95形コンテナ
全長(内寸法) 3,658mm (3,441mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,250mm)
全高(内寸法) 2,350mm (1,946mm)
荷重 5t
内容積 15.0m3
自重 1.8t
扉位置 片側妻面
製造初年 1978年(昭和53年)
形式消滅年 2006年(平成18年)
製造数 600個
外面色 白+ブルー
テンプレートを表示

国鉄C95形コンテナ(こくてつC95がたコンテナ)は、国鉄が、1978年(昭和53年)から1980年(昭和55年)まで製造した、鉄道輸送用12ft長5t積み簡易保冷コンテナである。

概要[編集]

従来の冷蔵コンテナは片荷輸送(荷物を載せて目的地まで輸送され、空荷で返却されること)になる傾向があるため、定温輸送貨物のみでなく一般貨物も輸送できる簡易保冷コンテナとして、C21形を基に開発された。600個製造され、主に野菜などの生鮮食品の輸送に使用され、特定駅に常備して運用された。

国鉄分割民営化後の日本貨物鉄道(JR貨物)に引き継がれたが、新形コンテナの登場や私有保冷コンテナの台頭により2006年(平成18年)度に全廃された。

構造[編集]

片側妻扉のみの一方開きで、外法寸法は高さ2,350mm、幅2,438mm、長さ3,658mm、内法寸法は高さ1,946mm、幅2,250mm、長さ3,441mm、床面積7.7m2、自重1.8t。内容積は15.0m3。最大積載量は5tである。

内部は発泡ウレタンによる断熱材の内張りが施され、簡易保冷仕様となっている。

形状についてはC20形・C21形と同じである。初期生産型は、C21と同じく上部四隅にツイストロック式の吊り金具付きだったが、後期生産型からは廃止され、C20と同様となった。

簡易保冷であること示すため、白をベースに、下部をブルーに塗装され、その上に同色のピンストライプがある。

参考文献[編集]

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]