Doki Doki Literature Club!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Doki Doki Literature Club!
ジャンル ビジュアルノベル
対応機種 Microsoft Windows
MacOS
Linux
Steam
開発元 チーム・サルバト
デザイナー ダン・サルバト
シナリオ ダン・サルバト
プログラマー ダン・サルバト
音楽 ダン・サルバト
美術 Satchely、Velinquent
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 世界の旗
[Win/Mac/Linux]2017年9月22日
[Steam]2017年10月6日
エンジン Ren'Py
テンプレートを表示

Doki Doki Literature Club!』(ドキ ドキ リテラチャー クラブ、通称:DDLC[注 1])は、チーム・サルバトによって開発されたフリーのビジュアルノベル

Microsoft WindowsMacOSLinux[1]版は2017年9月22日に、その後Steam10月6日にリリースされた。

ストーリー[編集]

学校の文学クラブに入部し、4人の女性メンバーと交流する男子高校生を扱っている。

プレイヤーの選択に応じて、分岐ルートとエンディングが用意された、ほぼ線形のストーリーを特徴としている。それは一見、軽快なゲームであるように見えるが、実際には第四の壁を壊すサイコロジカルホラーゲームである[2]

ゲームプレイ[編集]

『Doki Doki Literature Club!』はビジュアルノベルなので、ゲームプレイの大部分は、プロットがどの方向を取るかにほとんど影響を与えず、プレイヤーがゲームのストーリーを読むことで構成される。ゲームのある時点で、プレイヤーはストーリーの進行に影響を与える可能性のある決定を下すように促される。このゲームには、文学クラブの一環として、詩の執筆という特徴がある[3]。プレイヤーは、詩を構成する様々な単語をリストから選択する。文学クラブの各少女は、それぞれ言葉の好みが異なり、好きな言葉を選んだときに反応する。プレイヤーがその少女を対象とした詩を書いて、正しい対話オプションを選択すると、各女の子に関する追加のシーンのロックを解除することができる。プレイヤーがプレイ中に見たシーンによって、そのストーリーのエンディングが決まる。

登場人物[編集]

Monika
クラブの部長。
Sayori
Natsuki
Yuri

開発とリリース[編集]

本作はニュージャージー州在住、ラトガース大学でITを専攻していた[4]ダン・サルバトが率いるチームによって、推定2年間で開発された。彼は処女作となるそのゲームを開発していることを秘密にしていた[5]。リリース前に、サルバトはTwitch用の「FrankerFaceZ」拡張機能[5]、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』のMod作業[6]、およびスーパーマリオメーカーのカスタム[7][8]で知られていた。

『Doki Doki Literature Club!』は2017年9月22日にitch.ioで最初にリリースされ、その後Steamでもリリースされた[9]。このゲームはフリーウェアで利用できるが、Pay what you wantで収益化されている。10ドル以上を支払うと、デスクトップやモバイルの壁紙、ゲームの公式サウンドトラック、デジタルコンセプトアートのブックレットを含む「ファンパック」が購入できる[10]

サルバトによれば、ゲームのインスピレーションは、日本のアニメへの彼の複雑な気持ちと、超現実的で不安定な経験に由来している[5]

本作がリリースされると、PC Gamerは「今年の最も驚くべきゲームの1つ」と呼び、そのメタフィクションとホラーの要素は批評家による称賛を受けた[11]

反響[編集]

リリース後、本作はすぐにカルトフォローを獲得した[5]。最初の3ヶ月間に本作は100万回以上ダウンロードされた[12]

IGNのベストオブ2017アワードでは、「ベストPCゲーム部門」[13]、「ベストアドベンチャーゲーム部門」(総合準優勝でもあった)[14]、「ベストストーリー部門」[15]、「最も革新的部門」[16]の読者投票賞を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイトのアドレスと有料ボーナスコンテンツの名称でこの表記が見られる。

出典[編集]

  1. ^ Doki Doki Literature Club!”. DDLC公式サイト. 2017年10月24日閲覧。
  2. ^ Josuweit, Amy (2017年10月31日). “Doki Doki Literature Club is a hidden horror game for the internet age”. Rock, Paper, Shotgun. 2017年10月31日閲覧。
  3. ^ Rose, Victoria (2017年10月22日). “Doki Doki Literature Club is an uncontrollably horrific visual novel”. Polygon英語版. 2017年10月22日閲覧。
  4. ^ DanSalvatoの2015-03-26のツイート2018年1月6日閲覧。
  5. ^ a b c d Jackson, Gita (2017年10月20日). “Doki Doki Literature Club's Horror Was Born From A Love-Hate Relationship With Anime”. Kotaku. 2017年10月29日閲覧。
  6. ^ Good, Owen (2015年9月13日). “Powerful mod adds replay feature to Super Smash Bros. Melee”. Polygon. 2017年10月18日閲覧。
  7. ^ Blain, Louise (2015年10月9日). “P is for Pain is the new contender for Mario Maker's hardest level”. Games radar. 2017年10月18日閲覧。
  8. ^ Eversion-Inspired Super Mario Maker Level Uses Doors In An Ingenious Way”. Silliconera (2017年9月21日). 2017年10月18日閲覧。
  9. ^ Doki Doki Literature Club! on Steam”. Valve Corporation. 2017年10月18日閲覧。
  10. ^ Doki Doki Literature Club Fan Pack on Steam”. Valve Corporation. 2017年10月18日閲覧。
  11. ^ Wright, Steven (2017年10月26日). “Doki Doki Literature Club! hides a gruesome horror game under its cute surface”. PC Gamer. 2017年10月26日閲覧。
  12. ^ Barnett, Brian. “Doki Doki Literature Club Hits 1 Million Downloads”. IGN. 2017年12月16日閲覧。
  13. ^ Best of 2017 Awards: Best PC Game”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月2日閲覧。
  14. ^ Best of 2017 Awards: Best Adventure Game”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月2日閲覧。
  15. ^ Best of 2017 Awards: Best Story”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月2日閲覧。
  16. ^ Best of 2017 Awards: Most Innovative”. IGN (2017年12月20日). 2018年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]