望むだけ支払う方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

望むだけ支払う方式(のぞむだけしはらうほうしき、: Pay what you wantPWYW) は、購入者が所与の商品に対して所望の金額を支払い、時にはゼロを含む価格戦略。場合によっては、最小(底値)価格が設定されていてもよく、および/または推奨価格が買い手への指針として示されていてもよい。買い手はまた、商品の標準価格よりも高い金額を選択することもできる[1][2]。PWYWの多くの一般的な方式は購入前に価格を設定するが、一部は消費経験後まで価格設定を延期する。PWYWは、買い手を中心とした参加型価格設定形式であり、(価格の共同創造の側面としての)共同価格設定形式ともいえる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Strom, Stephanie; Gay, Malcolm (2010年5月20日). “Pay-What-You-Want Has Patrons Perplexed”. New York Times. https://www.nytimes.com/2010/05/21/us/21free.html 2010年5月21日閲覧。 
  2. ^ Smart Pricing, Chapter 1. "Pay As You Wish" Pricing, Raju and Zhang, Wharton School Publishing, 2010. ISBN 0-13-149418-X.

外部リンク[編集]