1987年の日本の女性史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
女性史 > 日本の女性史年表 > 1987年の日本の女性史

1987年の日本の女性史(1987ねんのにほんのじょせいし)は、1987年(昭和62年)の日本における女性に関するできごとを時系列的に挙げる。

本項目は歴史研究としての女性史ではなく、日本における女性に関するできごとをある体系に基づいて述べようとするものではない。

この年[編集]

  • 高等専門学校の女子学生2432人、昭和40年度347人の7倍
  • 日本で唯一の女性カスタムナイフメーカー平山晴美、「ナイフ・メーカーズ・アンド・ギルド・ショー」で日本人初のベスト・フォールディング・ナイフ賞受賞
  • 前年1986年の女性の海外旅行は194万人に達する。
  • 北九州市の助産婦・村田千代子、「育児相談センター」開設、情報に振り回されての育児ノイローゼがあまりに多いと
  • 文部省技能検定試験に「家庭料理」加わる。
  • 若い女性の結婚条件として三高(高身長・高学歴・高収入)がいわれるようになる。
  • 俵万智の歌集『サラダ記念日』ベストセラーに

参考文献[編集]

この年表作成に際して使用した参考文献(出典)については、日本の女性史年表を参照のこと。