西船橋駅ホーム転落死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西船橋駅ホーム転落死事件(にしふなばしえきホームてんらくしじけん)は、千葉県船橋市西船橋駅1986年、酒に酔って絡んできた男性の身体を女性が突いたところ、男性がホーム下に転落し、そこに進入してきた電車に巻き込まれて死亡した事件である。翌年の千葉地裁において正当防衛が認められ、無罪が確定した。

概要[編集]

1986年1月14日23時頃、日本国有鉄道(現在のJR東日本総武線西船橋駅の4番線ホームで女性(当時41歳)と男性(当時47歳)が口論となり、その最中に男性が両手で女性のコートを掴んだことからもみ合いとなった。女性は、揉み合いとなる中、男性をホームから突き飛ばし、男性は線路上に転落した。その場にいた他の客が引き上げようとしたが、男性は入線してきた電車にひかれ死亡した。

当事件について、男性(都立高校体育科教諭)と女性(ストリッパー)の職業の対比から、興味本位に報道するマスコミが多かった。しかし、このことが結果として、当事件のような女性に対する男性の暴力の問題を浮き彫りにし、女性に対する有志の女性たちの応援団が結成されるなど支援の輪を広げることとなった。

この事件は、女性に対する性的嫌がらせの概念として「セクシャルハラスメント」が社会に浸透した1つの契機とされる[1][2]。それは、この事件の裁判で被告女性を支援する女性団体がセクシャルハラスメントという言葉を用いたことや、1989年の新語・流行語大賞でセクシャルハラスメントが金賞を受賞した際、この事件を担当した弁護士が授賞式で表彰された[3]ためである。ただし、「セクシャルハラスメント」はこの弁護士が提唱した単語ではなく[4]、この事件の裁判が決着した1987年と流行語大賞を受賞した1989年とは2年間のタイムラグがある。それにも関わらずこの弁護士が受賞したのは、1989年8月に福岡県の出版社勤務の女性が上司に対して起こした日本初のセクハラの民事訴訟が係争中であったためとされる[1]

裁判[編集]

千葉地方裁判所において女性に対し、検察傷害致死罪懲役2年を求刑した。一方、弁護側は、正当防衛の成立を主張した。

急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するためやむを得ずした行為は、正当防衛として処罰の対象とならない(刑法36条1項)。権利を脅かす侵害行為(本件では男性による「絡み」)に対して行われた防衛行為(本件では女性による「突き飛ばし」)が正当な行為として扱われるためにはいくつかの条件があるが、本件では、防衛行為が招来した被害者の死という結果が防衛行為によって守られた利益と比して不均衡であるから一応問題となる。

もっとも、本件のように、反撃行為によって侵された利益が守ろうとした利益よりも大きいケースについては、すでに1969年に最高裁が判断しており[5]、この判例によれば、刑法36条1項にいう「やむを得ずにした行為」とは、「反撃行為が急迫不正の侵害に対する防衛手段として相当性を有することを意味し、右行為によつて生じた結果がたまたま侵害されようとした法益より大であつても、正当防衛行為でなくなるものではない」とされている。

千葉地裁は1987年9月17日、上記判例に従い、女性が男性から逃れるために身体を突き飛ばしたことは、手段としては妥当なものであり、結果的に男性がホーム下に転落し、ホームと到着した電車に身体を挟まれるという想定外の事情により死亡したとしても、男性による急迫不正な侵害行為から逃れる正当なる防衛行為にあたるとし、被告人に正当防衛を認め無罪とした。検察は控訴せず無罪が確定した。

その他[編集]

  • この事件をモデルにした2時間ドラマが後に制作、放映された[6]。事件の舞台は群馬県に変更されているが、実際の裁判と同様に被告人に無罪が言い渡される結末となっている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 【企業からみたセクハラ対策】”. 安蒜会計事務所. 2020年1月3日閲覧。
  2. ^ 佐々木 恵理. “「セクハラ」をめぐる言説を再考する:ことばの歪みの源泉をたどる”. 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞 第6回 1989年 授賞語”. 自由国民社. 2010年1月3日閲覧。
  4. ^ 弁護士市川清文のHOME BASE アク「セク・ハラ」ハラ道中記
  5. ^ 最判昭和44年12月4日 刑集第23巻12号1573頁
  6. ^ テレビ朝日土曜ワイド劇場」『事件2 OLが見たホーム転落死の真相!1994年6月11日放送。ドラマは法廷ミステリーにアレンジされ、北大路欣也(弁護士役)、奈美悦子(被告人役)、伊武雅刀佐野量子(目撃した証人)らが出演した。

参考文献[編集]

  • 大塚仁『刑法概説(総論)改訂増補版』有斐閣、1992年。ISBN 4-641-04117-2
  • 千葉地方裁判所昭和61年(わ)第68号傷害致死被告事件昭和62年9月17日判決 判例タイムズ654号109頁/判例時報1256号3頁

関連項目[編集]