高橋和夫 (国際政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 和夫
(たかはし かずお)
人物情報
生誕 (1951-10-15) 1951年10月15日(69歳)
日本の旗 日本 福岡県北九州市小倉北区
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪外国語大学外国語学部ペルシャ語科卒業
コロンビア大学大学院博士課程単位取得
学問
研究機関 放送大学
先端技術安全保障研究所(GIEST)
公式サイト
高橋和夫の国際政治ブログ
テンプレートを表示

高橋 和夫(たかはし かずお、1951年10月15日 - )は、日本国際政治学者。専門は、国際政治学中東研究放送大学名誉教授先端技術安全保障研究所(GIEST)会長

来歴[編集]

北九州市小倉北区に呉服屋の四男として生まれる。西南女学院短期大学部附属シオン山幼稚園、北九州市立到津小学校、北九州市立思永中学校、福岡県立小倉西高等学校、1974年3月、大阪外国語大学外国語学部ペルシャ語科卒業。1976年、コロンビア大学大学院修了(修士論文「エジプトーイラン関係」、国際関係論修士)。1979年、コロンビア大学哲学修士。コロンビア大学大学院博士課程単位取得(1979年)。

イラン国王(皇帝)財団奨学生としてイランへ留学する予定であったが、イラン革命の影響で断念し帰国。学習塾講師、1981年、桜美林大学経済学部非常勤講師、1982年、学習院大学法学部非常勤講師を努める。1982年11月、片倉もとこの紹介でクウェート大学へ国際文化会館奨学生として、1983年迄客員研究員として留学。

三菱電機材料研究所(現:三菱電機先端技術総合研究所)参事、1985年4月、放送大学教養学部助教授に就任。1990年6月、駐日イラク大使館からの打診を受けバグダードで開催された「イラクと連帯する国際会議」に日本代表として参加。イラク大統領であるサッダーム・フセインと面会した[1]。 2008年4月、同大学教授に昇格。2018年3月31日付で放送大学を退職[2]。同年4月1日付で放送大学名誉教授の称号を得る。

現在、先端技術安全保障研究所(GIEST)会長を務めている[3]

使用言語は英語ペルシャ語アラビア語など[4]。趣味は俳句短歌咲耶会会員。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『中東問題が一番よくわかる本――湾岸の政治・経済環境から戦争の原因まで』(日新報道、1991年)ISBN 4817402555
  • 『国際関係論』(放送大学教育振興会、1997年)ISBN 4595123450
  • 『異文化の交流と共存』(分担執筆)(放送大学教育振興会、2009) ISBN 4595139055
  • 『市民と社会の生きるために~実践のすすめ~』(分担執筆)(放送大学教育振興会、2009) ISBN 4595309252
  • 『一瞬でわかる日本と世界の領土問題』(分担執筆)(日本文芸社、2011年)
  • 『世界の見方、個の選択』(分担執筆)(新泉社、2012年)
  • 『中東の予防外交』(分担執筆)(信山社出版、2012年)

共訳[編集]

編著[編集]

  • 『第三世界の政治:南からの視点』(放送大学教育振興会、1996年)ISBN 4595533810

監修[編集]

  • 『イスラエル・パレスチナ――平和への架け橋』(高文研、2002年)ISBN 4874982832
  • 『図解アメリカが描く新・世界地図』(青春出版社、2003年)ISBN 4413006445

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 高橋和夫の国際政治ブログ
  • 高橋和夫 (@kazuotakahashi) - Twitter
  • 高橋和夫 - Facebook
  • 高橋和夫の中東・イスラム・国際情報 - 個人 - Yahoo!ニュース
  • 高橋和夫 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 研究者リゾルバーID:1000000179475論文一覧(CiNii)
  • 日本の研究.com:227526