駒競行幸絵巻

この記事は良質な記事に選ばれています
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

駒競行幸絵巻(こまくらべ・ぎょうこう・えまき。以下「駒競」とする。)は、『栄花物語』巻二十三「こまくらべの行幸」(以下「こまくらべ」とする。)の前半部を絵巻化したものである。13世紀後半から14世紀初頭制作とされる(#絵師と注文主)。

完本は現存せず、静嘉堂文庫美術館和泉市久保惣記念美術館に、零本(部分的に残ったもの)各一巻(以下、静嘉堂本・久保惣本と記す。)が分蔵され、共に重要文化財に指定されている[注釈 1]。両者は、画風や物語の内容から、同じ巻が分割されたものと考えられる[2][3][4][5]

それ以外に、断簡[注釈 2]と、江戸時代後期の、静嘉堂・久保惣本及び「断簡」には現存しない箇所を含む、摸本二巻が現存する(#断簡5葉#狩野養信による復元摸本)。

「こまくらべ」のあらすじ[編集]

1024年万寿元年)年9月から12月の出来事を記す。

9月19日、関白藤原頼道の「高陽院」にて駒競(競馬)が行われることになり、後一条天皇行幸大宮彰子藤原道長の長女、頼道の姉で、後一条天皇の母、一条天皇の后。)と東宮(後一条天皇の弟で、後の後朱雀天皇。)が行啓された。翌20日には後宴が行われ、和歌が詠まれた。10月に入り、中宮威子(道長の四女、頼道の妹で、後一条天皇の后。)は多宝塔供養を行った。11月に道長は長谷寺に参詣した[7][8]

駒競の現存箇所[編集]

図1.久保惣本詞書

現存する静嘉堂本と久保惣本の画は、9月14日夜の中宮行啓(#静嘉堂本)、19日の東宮行啓、寝殿に参集した貴人と舟遊び(#久保惣本)までで、先に述べたあらすじの内、駒競以降の絵は現存しない(#久保惣本)。

静嘉堂本は巻頭部が焼損しており、その為か色味がすくんでいる。対して、久保惣本は鮮やかな色彩を保ち、高価な顔料の使用が窺える[2][9][10]

詞書(ことばがき)は、久保惣本の「おなし月の十九日 こまくらへせさせ給…関白とのゝ御下襲菊のひへき[注釈 3]かゝやきて めとゝまりたり」一段二紙33行のみで、静嘉堂本に詞書は無い[12]

場面解説[編集]

静嘉堂本[編集]

図2.静嘉堂本・彰子行啓

大宮彰子の行啓を描く(図2.)[注釈 4]。9月14日の夜、高陽院の門前には一輛の牛車が止まり、松明を持つ従者が居る。門をくぐると、貴人、随身、供人が控える。その奥に檜皮葺の重厚な中門があり、中にはさらに多くの人々がいる。そして庭内の橋を渡り、大宮を乗せた、金字に黒で小葵文様を表した豪華な葱花輿が、30人ほどの丹色の上衣を着た従者に担がれ、寝殿南側の(きざはし)に到着するところである。階の先には簀子があり、両側を屏風で覆っており、その先は御簾で室内を隠している[14][15]

久保惣本[編集]

図3.久保惣本・東宮高陽院行啓
図4.東宮の牛車
図5.久保惣本・競馬の前に舟遊びを鑑賞する帝ら
図6.東宮と階右に左大臣頼道、向かって左に右大臣実資
図7. 帝の尊顔を描かない例。『旧儀式図画帖』巻29より「大床子御膳」。新年の食事をする儀式。1897年。東京国立博物館蔵。
図8.『紫式部日記絵巻』より竜頭・鷁首船を見る藤原道長
図9.『春日権現験記』巻二より、白河上皇の行幸をもてなす為、作り物の鶴が置かれる。19世紀の摸本。東京国立博物館蔵。

静嘉堂本に引き続き、9月19日午前10時頃の東宮行啓、及び寝殿と庭園、貴人たちを描く。詞書の後、門前の通りは貴賤で大賑わいである。白緑[注釈 5]の絹地、及び車輪と宝相華文様が散らされた牛車唐庇車)があり、10人の曳き手が轅を支える。後部に黒漆塗りの台を持った者が居り、東宮がたった今、下車されたのが分かる[18]。黄金色を帯びた大ぶりの牛[注釈 6]は、から放たれている(図4.参照)[注釈 7]。 塀沿いには枇榔で編んだ白地の牛車(檳榔毛車)が二輛並んでいる(図3.参照)が、東宮のそれと比べると、官位の違いが分かる[注釈 8]

門をくぐると、黄丹袍を召した東宮が、の先を太った公卿に持たせ、筵道を進む。邸内に紛れ込んで来た一家を、随身で威嚇し、追い出そうとする[注釈 9]。東宮が進む先には霞がかかる[23][24][注釈 10]

霞の先には寝殿南側と池が一望出来る。寝殿母屋には大床子[注釈 11]とそこに坐した後一条天皇が描かれている。容貌は描かず[27]、膝より上部を紙端で切っている(図7.参照)。向かって右側には上げ畳上に茵を敷いた上に、到着したばかりの東宮が座っている。筵道上で持たせていた裾は折りたたんでいる(図6.参照)[28]

寝殿周りの簀子にも畳が敷かれ、公卿ら9名が描かれている[29][28]。久保惣記念美術館々長の河田昌之は、階の向かって右が、主の左大臣頼道[注釈 12]、向かって左の高齢人物は右大臣藤原実資と見なす(図7.参照)[32]。彼らは勾欄(欄干)に掛け、「はれの日」にのみ許された、個々に異なる染下襲を見せている[33]の文様や、人物も上述の頼道と実資のように、若壮、髭の有無や、武官[34]を描くことによって、個人を識別できるようにしている[28]

帝と東宮がまします母屋の左右は、に覆われ、その下から女房装束である五色の打出の衣[注釈 13]を覗かせる[36][37][38]。寝殿の前の池には、橋が架けられ[注釈 14]、橋の手前には船楽用の大太鼓鉦鼓が据えられ、池には向かって右には龍頭、左には鷁首の舟が浮かぶ(図8.参照)[42]。 それぞれにを漕ぐ童四人と、太鼓・鉦鼓・横笛篳篥[43]の奏者が乗る。 両舟の間には、寝殿と渡殿でつながる西があり、そこから池に檜皮葺の釣殿(図5.の左端)が張り出す[44]

寝殿と池の間にある庭には、桜・松・楓・菊[45]が植えられ[注釈 15]、鶴(図9.参照)亀形が置かれる[46][47]。 檜皮葺の先には、またしても邸に紛れ込んだ夫婦と子供を追う従者がいる。絵巻の現存箇所はここまでとなる[48]

断簡5葉[編集]

静嘉堂本・久保惣本以外の断簡は、5葉が確認されている[49][50][51][52][53]

図10.東宮行啓の場面。メトロポリタン美術館蔵。
図11.寝殿東側で駒競を見る人々。詞書4行あり。クリーブランド美術館蔵。
図12.寝殿西側で駒競を見物する人々。サックラー美術館蔵。
  1. 東宮行啓の場面。幅32.7cm。メトロポリタン美術館蔵(図10.)[52]
  2. 竜頭船楽の場面。幅32.3cm。個人蔵[54][55]
  3. 駒競を寝殿東側で見物する人々。以下3葉は、静嘉堂・久保惣両本にはない場面。下3分の1に競馬場の柵が、左上には寝殿の簀子縁上達部が一人見える。その右に詞書が4行、「廿日は昨日のことを恋しうをほさるゝ/にあかすめてたかりしことをきこえたまひに/上達部まいりたまへれはあるしの殿もてハや/しきこえ給て御みきなとまいりきこしめし」。「廿日は昨日のことを」から、駒競翌日のことと分かる。幅32.4cm。クリーブランド美術館蔵(図11.)[49][56]
  4. 駒競を寝殿東側の中島で見物する人々と警備する官吏。幅32.7cm。サックラー美術館蔵(図12.)[57][58][注釈 16]
  5. 楽所(がくそ。雅楽の演奏所)。個人蔵。人は描かれていない。手前の朱塗り橋と奥の廊が、先のサックラー本と繋がる[61]

これら5葉は、幅が32.5 cm前後であり、いづれも色が褪せ、水をかぶった形跡があり、元は一巻であった可能性がある[62][55][52]。また、前2者は久保惣本と重複した内容であり、その点から、この断簡群と静嘉堂・久保惣本は、別の系統と言える[63]。 その中で、メトロポリタン本(図10.)と久保惣本(図3.)を見比べると、塀外の枇榔毛車横で烏帽子をかぶった男二人は、メトロポリタン本だと一人になっている[55][64]

両者の関係について、梅津次郎は、先行する田中一松水尾博の意見[65][66]に賛同し、「系統的な前後関係よりも、むしろ、両本に共通の祖本の存在を、想定すべき」と纏める[62]。対して上野憲示は、上述の久保惣本とメトロポリタン本を比較し、前者に比べ後者は、上述した烏帽子男の描き忘れだけでなく、線に描写の破綻が見られ、上げ写し[注釈 17]ではなく、臨写[注釈 18]に見られる「写しくずれ」であるとし、断簡は久保惣本の「忠実な写し、それも制作時期を南北朝期までさかのぼらせうる良質の転写本」と推察する[70]。河田昌之は上野説を支持し、「作風から久保惣本、静嘉堂本とは製作年代の下る別本とみられる。」とする[71]

狩野養信による復元摸本[編集]

図13.狩野養信摸「こまくらべ」の競馬の場面

狩野養信徳川幕府お抱えの絵師として、江戸城内の障屏画制作の指揮を執る立場だったが、職務とは別に、和漢古画の模写を多く為した。その中で絵巻物が一定数を占め、徳川幕府から明治政府、そして帝室博物館(現在の東京国立博物館)に移管された資料だけでも150巻近くある。そしてその中に「駒競」摸本も存在した(図13.東京国立博物館蔵。全二巻。「補定駒競行幸絵詞」と題されるので、以下「補定本」とする)[72]

養信の時代にて、「駒競」は既に完本では無く、養信所蔵の断簡原本・摸本だけでなく、狩野友川(1778-1815)・狩野探信ら所有の断簡も借用して写し、往時の絵巻復元を試み、1830年(文政11年)、2巻に纏められた。その中には、静嘉堂本・久保惣本及び断簡5葉にも含まれない、「こまくらべ」の中心題材である、競馬の場面が含まれている(図13.)[73]

20世紀の絵巻復元案[編集]

ここまで述べた、静嘉堂本・久保惣本、5断簡、補定本、及び「こまくらべ」テキストから、上野憲示と小松茂美が、在りし日の絵巻復元案を提示した[74][51][75]。巻頭から順に列挙する。

  1. (詞書「こまくらべ」より)「はかなく九月にもなりぬ。関白殿、高陽院殿にて駒競させ給ひて、行幸・行啓…寝殿の北・南・西・東などには皆池あり…大宮、京極殿におはしませば、九月十四日の夜、やがて高陽院殿に渡せ給…御供の上達部・殿上人、皆ものなどまいりて、禄など給てまかで給ぬ。」[76]
  2. (補訂本)「女房車廿両あり。」の場面。
  3. (静嘉堂本)「大宮…高陽院殿に渡せ給…寝殿の南の階のつまに、御輿寄せて下りさせ給ぬ。」の場面(図2.)。
  4. (久保惣本詞書)「おなし月の十九日 こまくらへせさせ給…関白とのゝ御下襲菊のひへきかゝやきて めとゝまりたり」(図1.)
  5. (久保惣本)「みかどのおはしますべき大床子、寝殿の南面にたてゝ、御座よそひたり…春宮(東宮)おはします…宮の女房の有様、寝殿の西南面より西の渡殿まで、すべていとおどろおどろしう紅葉襲色を尽したり…やうやう船楽ども漕ぎ出でたり…関白どのゝ御下襲菊のひへぎかゞやきて」の場面(図3.~6.)。
  6. (補訂本詞書)「くらへ馬十番[注釈 19]なり…よろこひしたり」
  7. (詞書「こまくらべ」より)「心もとなく見えたり…事ども果てて夜に」
  8. (補訂本詞書)「いりてかえらせ給ふ…家司ともさまさまによろこひしたり」
  9. (クリーブランド本)寝殿東側で駒競を見る人々(図11.)。
  10. (補訂本)駒競を寝殿から眺める貴人(図13.)。
  11. (サックラー本)寝殿西側で駒競を見物する人々(図12.)。
  12. (個人蔵)楽所。太鼓橋がサックラー本と繋がる。
  13. (クリーブランド本詞書[注釈 20]「廿日は昨日の…御みきなとまいりきこしめし」
  14. (詞書「こまくらべ」より)「やがて宮の御方…給へり。夜」
  15. (補訂本)「ふくるまゝに…かきつかうまつれり」
  16. (推定)後宴の様子を描く。

ここまでで1巻終了とする。合わせて24紙、約1236センチメートルと、絵巻一巻の平均的な分量となる[78]

絵師と注文主[編集]

絵巻に絵師を示す記載は無い。明治時代には、平安時代末期の常盤光長と見なす説もあったが[79][80]昭和時代初頭には高階隆兼説が有力となっており[81]アジア・太平洋戦争終結以降では、1.定規引きを駆使した精密な建築描写、2.明晰な空間の把握、3.濃密な彩色、4.衣装に多用された彫塗技法[注釈 21]といった特徴[83]が、春日権現験記のそれに通じるゆえ、高階隆兼工房による、13世紀後半から14世紀初頭の制作説が、異論なく受け入れられている[84][85]

詞書については、河田昌之は「太くて平坦な線を連ねた大振りの文字」「明快で強さを湛えた書風」[71]と評し、小松茂美は久保惣本一段分と摸本を含め、「法性寺流の著しい影響を受ける書風」とし、13世紀半ばの制作と見なす[86]

注文主として、河田昌之は、「春日権現験記」を春日大社に奉納し、「摂関家をしのぐ地位にあった」左大臣西園寺公衡を想定している[87]

評価[編集]

小松茂美は、寝殿 ・楽船・装束・牛車・輿等、有職故実の研究資料として有益であると言及する[86]

宮次男は、久保惣本を「色彩も美しく優雅絢麗(けんれい)の一語につきる」と例える[10]

秋山光和は、約200年前に記された『栄華物語』を絵画化するにあたり、後白河法皇が制作を命じたと思われる『年中行事絵巻』を参考にしただろうと論ずる[88]

河田昌之は、「製作を企画した人物、高い技倆の絵師を見近に置いていた人物の意図を超え、公家文化の特質を受け継ぐ主要な作品として意義付けられる」と述べる[89]

久保惣本の貴人と船楽の場面(図5.)は、平安貴族の風習を表した歴史資料として、高等学校日本史B教科書に採用された[90]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 久保惣本は、『官報』昭和6年12月14日付(1488号380頁)にて旧国宝指定。官報1488号”. 2020年5月19日閲覧。静嘉堂本は昭和15年5月3日付にて旧国宝指定。後者は、住吉物語絵巻下巻末に装丁され、指定も住吉物語絵巻名義であったが[1]、分割修復が行われ、2022年3月の官報告示にて、「紙本著色駒競行幸絵詞断簡」名義に改めて指定されている(令和4年3月22日文部科学省告示第40号)
  2. ^ 絵巻の一部が脱落・切断されたもの。掛幅に仕立てられることが多い[6]
  3. ^ 引倍木。「ひきへぎ」とも。の裏地を剥いだ夏の着物[11]
  4. ^ 宮次男は、この場面が『年中行事絵巻』住吉摸本巻一の「朝覲行幸」に類似すると指摘している[13]
  5. ^ びゃくろく。孔雀石(マラカイト)を砕いた顔料緑青を、さらに細かく砕いた淡い緑色[16][17]
  6. ^ 黄牛(あめうし)と呼ばれる、最も尊ばれた品種[19]
  7. ^ 貴人は後ろから乗り、前から降りるのが作法である。それゆえ、降車時には、牛を軛から放す必要がある[20]
  8. ^ 唐庇車は牛車の中で最上級とされ、上皇・皇后・皇太子らに乗車が限られる。檳榔毛車は官位四位以上の使用とされた[21]
  9. ^ 民俗学者宮本常一は、駒競を含めた多くの絵巻において、宮廷や貴族の敷地に入り込む庶民がしばしば見られると指摘し、悪ふざけさえしなければ、追い払われなかったと述べる[22]
  10. ^ 「こまくらべ」及び詞書では、西側から入ったことになっているが、絵巻では東から入っている。これは絵巻の右から左に進行する特質に合わせたためで、それゆえ霞を入れることによって「門前の部分を反転させ、ごっそり絵巻の後尾に移動させるという発想に至」ったのだと、河田昌之は述べる[25]
  11. ^ 帝が坐する机状の腰掛け。その上にを敷く[26]
  12. ^ 詞書に「関白どのゝ御下襲菊のひへぎかゞやきて」[30]とあるが、彼の人物の裾は菊紋であり、また袍の文様が、関白が用いられる「雲立ち涌き紋」[31]ゆえ、頼道と考えられる[28]
  13. ^ 「うちいでのきぬ。晴れの席を装飾するために、寝殿や牛車の簾や几帳の下から、女房装束の袖口と褄(つま。裾の左右端。)をおし出して見えるようにしたもの。衣だけを置く時にもいう。うちいで。うちで。出衣(いだしぎぬ。)」[35]
  14. ^ 静嘉堂本では大宮[39][40]が、そして帝も詞書にて「みはしに御輿よせておりさせたまふ」とあるので、二人は池の橋を輿で渡って寝殿に入ったと分かる[41]
  15. ^ この描写は、藤原氏の長き繁栄を示すとの解釈がある。Browse the Collection:Imperial Visitation for the Ceremonial Horserace of 1024 (Komakurabe gyōkō emaki)”. Metropolitan Museum of Art. 2021年1月2日閲覧。
  16. ^ [59][60]では、旧名のフォッグ美術館蔵としている。
  17. ^ 原本を下に、上に写し紙を置き、頻繁に写し紙をめくって、原本を脳裏に焼き付け、線をなぞる方法[67][68]
  18. ^ 横に置いた原本を見て、写す方法[67][69]
  19. ^ 「こまくらべ」では十八番[77]
  20. ^ 復元案9.のクリーブランド本の後ろに錯簡している。
  21. ^ 輪郭線を引いた後で、線を潰さずに、その内側を塗りつぶす手法[82]

出典[編集]

  1. ^ 静嘉堂文庫美術館 1998, p. 15.
  2. ^ a b 梅津 1970, pp. 87–89.
  3. ^ 上野 1979, p. 112.
  4. ^ 河田 2001a, p. 49.
  5. ^ 河田 2001b, p. 100.
  6. ^ 藝大 2007, p. 14.
  7. ^ 松村 1965, pp. 156–168.
  8. ^ 山中ほか 1995, pp. 416–436.
  9. ^ 玉蟲 1995, p. 338.
  10. ^ a b 宮 2000, p. 109.
  11. ^ あかね会 1975, p. 710.
  12. ^ 小松 1979a, pp. 35–54.
  13. ^ 宮 1965, pp. 16–17.
  14. ^ 小松 1979a, pp. 36–41.
  15. ^ 河田 2001a, pp. 54–56.
  16. ^ 藝大 2007, pp. 40–43.
  17. ^ 目黒美 2016, pp. 144–145.
  18. ^ 小松 1979a, pp. 46–47.
  19. ^ 櫻井 2012, p. 75.
  20. ^ 櫻井 2012, p. 16.
  21. ^ 櫻井 2012, pp. 23-28、32-33.
  22. ^ 宮本 1981, pp. 10–11.
  23. ^ 小松 1979a, pp. 45–49.
  24. ^ 河田 2001a, pp. 50–52.
  25. ^ 河田 2001b, p. 97.
  26. ^ 石村 1987b, p. 178.
  27. ^ 山本 2000, pp. 51–70.
  28. ^ a b c d 河田 2001a, p. 52.
  29. ^ 小松 1979a, pp. 50–52.
  30. ^ 小松 1979a, pp. 44–45.
  31. ^ 小学館国語辞典編集部 2001b, p. 1021.
  32. ^ 河田 2001b, p. 95.
  33. ^ 八條 2021, p. 43.
  34. ^ 石村 1987b, p. 29.
  35. ^ 小学館国語辞典編集部 2001a, p. 280.
  36. ^ 鈴木 1972, p. 111.
  37. ^ 小松 1979a, pp. 50–54.
  38. ^ 吉住 2014, pp. 244–245.
  39. ^ 小松 1979a, pp. 39–41.
  40. ^ 山中 1997, p. 418.
  41. ^ 小松 1979a, pp. 42–43.
  42. ^ 小松 1979a, pp. 49–52.
  43. ^ 藝大 2020, pp. 43-53、58-61.
  44. ^ 小松 1979a, p. 53.
  45. ^ 船木 2001, p. 81.
  46. ^ 船木 2001, pp. 97–98.
  47. ^ 小松 1979a, pp. 52–53.
  48. ^ 小松 1979a, p. 54.
  49. ^ a b 梅津 1970, pp. 92–94.
  50. ^ 上野 1979, pp. 112-113、120-121.
  51. ^ a b 小松 1979b, pp. 124–125.
  52. ^ a b c 玉蟲 1995, p. 339.
  53. ^ 河田 2001a, pp. 69–70.
  54. ^ 梅津 1970, p. 90.
  55. ^ a b c 上野 1979, p. 113.
  56. ^ 土屋 2014, pp. 144.
  57. ^ 田中 1951, pp. 431–432.
  58. ^ 上野 1980, pp. 133–134.
  59. ^ 上野 1979.
  60. ^ 上野 1980.
  61. ^ 上野 1979, p. 113、115.
  62. ^ a b 梅津 1970, p. 93.
  63. ^ 梅津 1970, p. 87.
  64. ^ 河田 2001a, p. 58.
  65. ^ 田中 1951, p. 432.
  66. ^ 水尾 1957, p. 289.
  67. ^ a b 山屋 2010, p. 586.
  68. ^ 村岡 2011, p. 132.
  69. ^ 村岡 2011, p. 134.
  70. ^ 上野 1979, pp. 113–114.
  71. ^ a b 河田 2001a, p. 50.
  72. ^ 松原 1979, pp. 15–24.
  73. ^ 小松 1979b, pp. 122–125.
  74. ^ 上野 1979, pp. 114-115、120-121.
  75. ^ 小松 1979c, pp. 156–157.
  76. ^ 松村 1965, pp. 157–158.
  77. ^ 松村 1965, p. 159.
  78. ^ 上野 1979, p. 115.
  79. ^ 國華 1893, p. 207.
  80. ^ 國華 1910, p. 182.
  81. ^ 松本 1930, p. 190.
  82. ^ 藝大 2007, p. 106.
  83. ^ 髙岸 2014, p. 179.
  84. ^ 上野 1979, pp. 115–118.
  85. ^ 河田 2001a, pp. 59–67.
  86. ^ a b 小松 1979, p. 35.
  87. ^ 河田 2001b, pp. 99–100.
  88. ^ 秋山 2000, p. 195.
  89. ^ 河田 2001a, p. 67.
  90. ^ 大津ほか 2013, p. 66.

参考文献[編集]

  • 無署名「榮華物語駒競行幸繪卷」『國華』第47号、1893年8月、 207頁。
  • 無署名「筆者不詳榮華物語駒競行幸繪卷」『國華』第236号、1910年1月、 182頁。
  • 松本二千里「三條家の駒競行幸繪詞に就て」『國華』第476号、1930年7月、 189-191頁。
  • 田中一松「駒競行幸繪詞殘缼」『國華』第717号、1951年12月、 431-432頁。
  • 東京大学史料編纂所財団法人陽明文庫 編 『大日本古記録御堂関白記 上』岩波書店、1952年3月25日。 
  • 石村貞吉 『有職故実研究 全3編』学術文献普及会、1956年9月。 
    • 石村貞吉 『有職故実 上』講談社講談社学術文庫〉、1987年8月10日。ISBN 4-06-158800-1 
    • 石村貞吉、嵐義人校訂 『有職故実 下』講談社〈講談社学術文庫〉、1987年10月10日。ISBN 4-06-158801-X 
  • 水尾博「駒競行幸繪詞殘缼」『國華』第786号、1957年9月、 289頁。
  • 松村博司 『栄花物語の研究 続編』刀江書院、1960年。 
    • 松村博司「補定駒競の行幸絵詞の本文」 『栄花物語の研究 続編』風間書房、1992年、95-114頁。 
  • 宮次男 著「駒競行幸繪卷」、田中一松監修 編 『日本繪卷物全集17』角川書店、1965年7月30日、15-18頁。 
  • 松村博司校注 『日本古典文学大系 76 栄花物語 下』岩波書店、1965年10月。 
  • 梅津次郎「高陽院駒競行幸絵巻-絵巻残欠の譜9」『日本美術工芸』第325号、1965年。
    • 梅津次郎「高陽院駒競行幸絵巻」 『絵巻物残欠の譜』角川書店、1970年、87-94頁。 
  • 秋山光和 『原色日本の美術8 絵巻物』小学館、1968年8月20日。 
    • 秋山光和 『原色日本の美術8 絵巻物』(改訂第3版)小学館、2000年11月1日。 
    • 宮次男「駒競行幸絵巻」 『原色日本の美術8 絵巻物』(改訂第3版)小学館、2000年11月1日、109頁。 
  • 鈴木敬三「扇面法華経冊子の風俗」 『扇面法華経』鹿島出版会、1972年、77-131頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]