高階隆兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高階 隆兼(たかしな たかかね、生没年未詳)は、鎌倉時代後期頃に活動した御所絵所の絵師。右近大夫将監。子に高階隆継

経歴[編集]

延慶2年(1309年)頃から元徳2年(1330年)頃までの活動が確認でき、後伏見天皇および花園天皇の下で絵師として活動した。

作風は、従来の男絵の持つ線描を受け継いで明晰な画面空間を構成し、人物描写では女絵の濃密な彩色を取り入れ、密度の高い画を作り上げた。これはいわば、12世紀から13世紀にかけての大和絵の集大成といえる。隆兼の登場は、中世大和絵の分水嶺となり、以後の大和絵師たちに大きな影響を与えた。

作品[編集]

隆兼の様式による現存作品[編集]

  • 石山寺縁起絵巻」全7巻(石山寺蔵、内1、2、3巻が高階隆兼筆という)
  • 玄奘三蔵絵巻」全12巻(藤田美術館蔵)
  • 「矢田地蔵縁起絵巻」全2巻(矢田寺蔵)
  • 「絵師草紙」(三の丸尚蔵館蔵)
  • 「なよたけ物語絵巻」(金刀比羅神社蔵)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]