出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(あわせ)とは、裏地のある和服のこと。反対語は単衣(ひとえ)。

衣替えの慣例としては10月から5月までの間に着るものだが、ウールなど暖かい素材の普及と暖房器具の発達により、真冬のみ着る人もいる。

ただし、室町時代以後の小袖において「袷」とは綿の入らない裏地付きをいい、冬の綿入の小袖と区別することもあった。