紅絹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紅絹(もみ)とは絹織物の一種。真赤に無地染めにした薄地の平絹のことをいう。

ウコンで下染めしたものをベニバナで上染めして仕上げる。花をもんで染めることから「もみ」と名がついた。

紅絹は、戦前まで女性の和服長着の胴裏(どううら)に使われていた。現在は薄い色の着物では表に色が出てしまうため、あまり用いられなくなっている。