島尾新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島尾 新(しまお あらた、1953年(昭和28年) - )は、日本美術史家学習院大学文学部哲学科教授。専門は、日本美術史。特に雪舟水墨画に関する研究。

来歴[編集]

東京都生まれ。東京大学文学部美術史学科卒。同大学大学院美術史学専門課修士課程修了。

1984年(昭和59年)東京国立文化財研究所・独立行政法人文化財研究所美術部広域領域研究室長を経て、2002年(平成14年)多摩美術大学美術学部共通教育部門教授。2012年(平成24年)学習院大学文学部哲学科教授[1]

著書[編集]

  • 如拙筆瓢鮎図 ひょうたんなまずのイコノロジー』「絵は語る5」平凡社 1995
  • 『水墨画と語らう』「美術館へ行こう」新潮社 1997
  • 雪舟の「山水長巻」 風景絵巻の世界で遊ぼう』小学館 アートセレクション 2001
  • 『もっと知りたい雪舟 生涯と作品』東京美術 アート・ビギナーズ・コレクション 2012
  • 『和漢のさかいをまぎらかす 茶の湯の理念と日本文化』淡交社・淡交新書 2013
  • 水墨画入門』岩波新書 2019

共編著・監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『もっと知りたい雪舟』著者紹介