隹部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、CJK統合漢字拡張A・B で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
康熙字典 214 部首
隶部 隹部 雨部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

隹部(すいぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では172番目に置かれる(8画の6番目、戌集の6番目)。

「隹」字は『説文解字』によると尾の短い鳥類の総称とされ、側面から見た鳥を象っている。

偏旁の意符としては鳥に関することを示す。また「推」や「誰」のように声符としても多く使われている。

隹部は上記のような意符を構成要素にもつ漢字を収めている。

字体のデザイン差[編集]

印刷書体(明朝体)における「隹」字の3画目(上側中央の筆画)には地域による差異がある。『康熙字典』はこれを短い左払いとし、日本・韓国はこれに従う。一方、中国の新字形・台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表ではこれを点画とし、「」系統の字形と統一させている。

康熙字典
日本
韓国
中国
台湾
香港

部首の通称[編集]

  • 日本:ふるとり(鳥部の部首である鳥と区別して、「舊(旧)(ふるいの意)」の字に使われている鳥であることから)
  • 韓国:새추부(sae chu bu、とりの隹部)
  • 英米:Radical short Tailed Bird

部首字[編集]

例字[編集]

    • 2:隻・隼、3:雀、4:(雅5)・雁・雇・集・雄、5:雎・雋・雉・雍、6:雌、8:雕、9:雖、10:雛・雜(雑6)・雙(双→又部)、11:難(難10)・離、16:𩁧
      • 20:、27:

最大画数[編集]

30:𩁵