氏部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
毛部 氏部 气部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

氏部(しぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では83番目に置かれる(4画の23番目)。

の字は、1つのから分かれでた血族集団のことを意味するが、その血族集団の役割名の後に「 - 氏」とつけられるようになり、後世では著名な人物の姓の後や結婚した女性の父姓や夫姓の後で用いられるようにもなった。日本や韓国では現在でも姓の後ろに尊称として用いている。『説文解字』では巴蜀(いまの四川省)の山の崖面にあって今にも落ちそうな岩のことをいうとする。

氏部は「氏」字のような字形を筆画にもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:うじ
  • 韓国:각시씨부 (gaksi ssi bu)
  • 英米:Radical clan

部首字[編集]

例字[編集]

・氓