匸部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
康熙字典 214 部首
匚部 匸部 十部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

匸部(けいぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。

康熙字典214部首では23番目に置かれる(2画の17番目)。

概要[編集]

「匸」の字は物を隠す様子に象るという。

偏旁では意符として「隠す」ことに関することを示す。

なお、日本のJIS漢字新字体旧字体に関わらず「匸」を匚部の「匚」に改めたため、字書においては匚部に部首を統合することが多い。

中国の新字形GB 18030簡体字繁体字日本の漢字など)にも「匸」は「」に統合され、漢字部首表中国語: 汉字部首表にも匸部は残されていない。

丸ゴシック体のような書体の場合、「匚」と区別する事は難しくなる。

部首の通称[編集]

  • 日本:かくしがまえ
  • 中国:區字框
  • 韓国:터진에운담부(teojin eun dam bu、開いたの部)
  • 英米:Radical Hiding enclosure

部首字[編集]

例字[編集]