几部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
冫部 几部 凵部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

几部(きぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では16番目に置かれる(2画の10番目)。

几字は「つくえ」(古代においては座ってもたれかかるときに使うものなど小さなものを指す)の形に象る。偏旁では意符として「つくえ」に関わることを示す。

几部は「几」を構成要素とする漢字を分類し、また「几」の形を筆画としてもつ漢字「凡」「凰」なども分類している。また日本では国字で風に関係する「凧」「凪」「凩」などもここに分類する。

部首の通称[編集]

  • 日本:つくえ、きにょう、つくえきにょう、かぜかんむり、かぜがまえ
  • 中国:几字頭
  • 韓国:안석궤부(anseok gwe bu、案席の几部)
  • 英米:Radical Table

部首字[編集]

例字[編集]