瓜部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(瓜)
康熙字典 214 部首
玉部 瓜部 瓦部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

瓜部(かぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では97番目に置かれる(5画の3番目、午集の3番目)。

瓜の字はウリすなわちウリ科蔓性一年草あるいはそのを意味する。蔓に実がなった様子に象る。偏旁の意符としてはウリ科植物に関することを示す。また声符としては「クヮ (カ)」や「コ」といった音を表す。 「瓜:ウリ」部は植物のウリが縦に伸びるところから「厶:伸びる」部と組み合わせて構成されている。

瓜部は上記の意符を構成要素とする漢字を収める。

字体のデザイン差[編集]

なお日本の新字体では「瓜」を構成要素に持つ字はムの2画を縦・横・点の3画に分けたため「瓜」の部分を6画とする。また表外漢字字体表では「瓜」「瓢」の「瓜」の部分を同様に6画とする。

部首の通称[編集]

  • 日本語:うり
  • 中国語:瓜字旁瓜字底
  • 朝鮮語:오이과부(oi gwa bu、うりの瓜部)
  • 英語:Radical melon

部首字[編集]

(瓜)

例字[編集]

  • (瓜)
  • 6瓠・11瓢・14瓣(弁→廾部