矢部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、CJK統合漢字拡張A・B で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
康熙字典 214 部首
矛部 矢部 石部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

矢部(しぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では111番目に置かれる(5画の17番目、午集の17番目)。

Two arrows.jpg

「矢」字はに用いられるを意味し、その鏃と箆、羽根の形に象る。「箭」字と区別するとき、「矢」は木製、「箭」は竹製であったという。現代中国語では主として「箭」のみが使われている。また投壷に用いられる、動詞として陳列する・誓うなどを意味し、また「屎」に通じての意味でも用いられた。

偏旁の意符としては矢に関することを示すほか、矢が長さの尺度として用いられたとして長さや直っすぐに関することを示す。

部首の通称[編集]

  • 日本:や・やへん
  • 中国:矢字旁
  • 韓国:화살시부(hwasal si bu、やの矢部)
  • 英米:Radical arrow

部首字[編集]

例字[編集]

  • 2:矣、3:知、5:矩、7:短、8:矮、9:、12:矯、15:、18:𥐓