疋部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
𤴔
康熙字典 214 部首
田部 疋部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

疋部(しょぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では103番目に置かれる(5画の9番目、午集の9番目)。

「疋」字は膝から下の脚を意味する。上はふくらはぎ、下の「」はの形に象る。また「疋」は多音字であり、「雅」や「匹」の意味に通じる。日本ではヒキという音でお金の単位(一疋 = 十文)を表した。

偏旁の意符としては脚や脚の動作に関することを示す。左右構造で左の偏に置かれるときは、「𤴔」に変形する。

部首の通称[編集]

  • 日本:ひき(「匹」に通じ、その慣用音からと考えられる。日本的な用法としてお金の単位として使われた)
  • 韓国:발소부(bal so bu、あしの疋部)・짝필부(jjak pil bu、ひきの疋部)
  • 英米:Radical bolt of cloth(「匹」に通じ、「匹」が漢代、織物の長さの単位として使われたことから)

部首字[編集]

例字[編集]