関口アナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せきぐち あなん
関口 アナム
本名 同じ
生年月日 (1988-09-17) 1988年9月17日(29歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 177 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2014年 -
著名な家族 関口照生(父)
竹下景子(母)
関口まなと(兄)
事務所 ボックスコーポレーション
公式サイト 公式プロフィール

関口 アナム(せきぐち あなん[1][2]1988年9月17日 - )は、日本俳優。本名、同じ[2]

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業[3][4]ボックスコーポレーション所属。父は写真家関口照生、母は女優竹下景子[5]。兄は俳優の関口まなと

略歴[編集]

写真家関口照生女優竹下景子の間に次男として誕生。小学校・中学校時代は芸能活動と無縁な日々を送る。高校に進学して武蔵野美術大学のデザイン学科を志望するものの受験に失敗し、合格した同大学の映像学科へと進学。大学で仲間と作品作りに取り組む中で映像の魅力に気づいてその虜となり、俳優を目指す意志を固める[6]。大学卒業後は、「英語は絶対必要になるから学んでおけ」との関口家の教育方針からイギリスロンドンへ2年間の留学。帰国して初めて両親に俳優になることを告白し、裏方を目指していると思っていた両親は驚いたという[3][7]

留学から帰国後ボックスコーポレーションに所属して俳優として活動を開始し、日本テレビ系『○○妻』(2015年1月期)内の劇中CMが初仕事となった[7]。翌2016年4月期のフジテレビ系『僕のヤバイ妻』で連続ドラマに初レギュラー出演を果たす[4][5]。同年5月ごろより2世タレントとしてバラエティ番組に出演し、母から高額の小遣いを貰っていたエピソードなどを披露して話題となる[8][9][10]

2018年夏公開予定の映画『一人の息子』で母・竹下景子と初共演を果たす[11]

人物[編集]

趣味は映画鑑賞、喫茶店探し、旅行、酸辣湯

特技は英会話(IELTSスコア 7.0)、映像編集、アコースティックギター、エレキギター。

名前は「アナム」と書いて「アナン」と読む。名前の由来は父・関口照生が好きだという仏陀(ブッダ)の一番弟子・阿難(アーナンダ)から。本来の表記は「アナン」であるが、「表記はムのほうがカッコイイだろ」との理由から「アナム」と名付けられたという[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

  • U-31(2016年8月27日、トキメディアワークス) - コーチ 役
  • 一人の息子(2018年夏公開予定、トキメディアワークス) - ササヤマ 役[11]

舞台[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本テレビとの共同制作。

出典[編集]

  1. ^ http://www.vip-times.co.jp/?talent_id=M15-0453
  2. ^ a b c “竹下景子の次男・関口アナム「アナムと書いてアナンです」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社): p. 2. (2016年4月10日). http://www.jprime.jp/articles/-/7072?page=2 2018年3月3日閲覧。 
  3. ^ a b “大物芸能人2世・小園凌央&関口アナム、伊藤英明主演ドラマ「僕のヤバイ妻」に出演!”. シネマカフェ (イード). (2016年3月24日). https://www.cinemacafe.net/article/2016/03/24/39068.html 2018年3月3日閲覧。 
  4. ^ a b “僕のヤバイ妻:ヒロミ&竹下景子の息子2人が連ドラ初出演”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN). (2016年3月24日). https://mantan-web.jp/article/20160323dog00m200043000c.html 2018年3月3日閲覧。 
  5. ^ a b c “ヒロミ&伊代の息子・小園凌央、連ドラ初挑戦 役者になって両親を見返す?”. ORICON STYLE. (2016年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2068992/full/ 2016年3月24日閲覧。 
  6. ^ “竹下景子次男・関口アナム、二世の重圧ない「いつかは越えたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年4月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2070967/full/ 2018年3月3日閲覧。 
  7. ^ a b “竹下景子の次男・関口アナム、最初の撮影で学んだ痛い経験”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2016年4月17日). http://www.jprime.jp/articles/-/7085 2018年3月3日閲覧。 
  8. ^ “竹下景子の息子・関口アナム、今でもお小遣い 100万円の時計も買ってもらった”. デイリースポーツ online. (2016年8月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/16/0009394458.shtml 2018年3月3日閲覧。 
  9. ^ “有名女優の息子 27歳で母からの小遣いは「月20万いっちゃうかも」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年8月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/22/kiji/K20160822013219080.html 2018年3月3日閲覧。 
  10. ^ “竹下景子の息子、関口アナム 実家暮らしで今もお小遣い”. デイリースポーツ online. (2016年12月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/16/0009756848.shtml 2018年3月3日閲覧。 
  11. ^ a b “馬場良馬×玉城裕規「2人の受取人」新キャストに根本正勝、高崎翔太、関口アナムら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/259011 2018年3月3日閲覧。 

外部リンク[編集]