褐色館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯48度08分43秒 東経11度34分03秒 / 北緯48.14528度 東経11.56750度 / 48.14528; 11.56750

褐色館(1935年)

褐色館(かっしょくかん、ドイツ語: Braunes Haus)は、国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP, ナチ党)の党本部として使用された建物である。ミュンヘンブリエナー大通りドイツ語版45番地(Brienner Straße 45)にあった。

歴史[編集]

党本部の始動を祝うために集まったNSDAP党員ら。中央は指導者ヒトラー。(1930年)
破壊された褐色館。(1945年)

褐色館はカロリーネン広場ドイツ語版ケーニヒス広場ドイツ語版の間に位置する。長年ドイツで暮らしていた英国人実業家のウィリー・バーロウ(Willy Barlow)の注文を受け、1828年にフランス人建築家のジャン・バティスト・メチヴィエドイツ語版ビーダーマイヤー様式の住宅として建築した。NSDAPが購入する以前は「バーロウ宮殿」(Palais Barlow)や「大邸宅」(Adelspalais)という通称で知られていた。

1930年5月26日、NSDAPは805,864金マルクを支払ってバーロウの未亡人から「バーロウ宮殿」を買い取り、「褐色館」という新たな名称を与えた。当時、NSDAPはシェリング大通り50番地(Schellingstraße 50)に本部を設置していたが、党の拡大に伴い手狭になってきた為、より大きな建物を探していたのである。購入資金は実業家フリッツ・ティッセンが提供した。

大規模な改装工事はミュンヘン出身の建築家パウル・ルートヴィッヒ・トローストドイツ語版によって行われ、またNSDAP指導者アドルフ・ヒトラー自身のアイデアもいくらか取り入れられている。1931年までに党本部機能の全てが褐色館へ移動した。

褐色館内のヒトラーの執務室には、彼が尊敬する米国人実業家ヘンリー・フォードの肖像画が飾られていたという。また、NSDAPにおける事実上のレガリアとされていた、ミュンヘン一揆の時に銃撃で死亡した党員の血がついた党旗『血染めの党旗ドイツ語版』が保管されていた。

1943年から1945年にかけての空襲により破壊され(この時『血染めの党旗』も焼失したと思われる)、1947年には瓦礫なども撤去された。その後、跡地には2012年まで何も建てられることは無かった。

資料センターの設置[編集]

国家社会主義資料センター (2015年2月)

2005年12月6日バイエルン州政府は褐色館跡地にナチス・ドイツ時代の国家社会主義に関する資料センターの設置を決定し、起工式は2008年と予定されていた。しかし、資金調達の失敗から計画は大幅に遅れる事となる。2009年6月にはミュンヘン市当局と州政府により改めて28,200,000ユーロが調達された。2011年にはようやく工事が始まり、2012年3月9日には基礎工事が完了した[1]。資料センターは2015年4月30日に開館式典が行われ、5月1日から一般に公開されている[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ muenchen.de. “Das NS-Dokumentationszentrum in München”. 2015年3月22日閲覧。
  2. ^ NS-Dokumentationszentrum München”. 2015年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]