カール・ハウスホーファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カール・ハウスホーファー
Karl Haushofer
KarlHaushofer.jpg
1920年頃
生誕 1869年8月27日
バイエルン王国の旗 バイエルン王国 ミュンヘン
死没 (1946-03-13) 1946年3月13日(78歳没)
Merchant flag of Germany (1946–1949).svg 連合国軍占領下のドイツ
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州 ペール
所属組織 War Ensign of Germany (1903–1919).svg ドイツ帝国陸軍バイエルン王国陸軍ドイツ語版
最終階級 少将
除隊後 ミュンヘン大学教授
テンプレートを表示

カール・エルンスト・ハウスホーファー(Karl Ernst Haushofer, 1869年8月27日 - 1946年3月13日)は、ドイツ陸軍軍人地理学者、地政学者。

経歴[編集]

軍歴[編集]

1869年8月27日、バイエルン王国の首都ミュンヘンにて出生。1887年人文学ギムナジウム卒業後、1年間の志願兵としてドイツ帝国バイエルン陸軍第一野砲連隊「Prinzregent Luitpold」に入営。士官を志すようになり、ドイツ陸軍士官学校、野砲学校を経てドイツ帝国陸軍大学校ドイツ語版参謀課程を修める。

1896年ユダヤ教からカトリックに改宗したタバコ製造業者の娘マルタ・マイヤー=ドスMartha Mayer-Doss)と結婚。二人の息子、アルブレヒト(Albrecht Haushofer)とハインツ(Heinz Haushofer)をもうけた。

1888年、バイエルン王国陸軍第一野砲兵連隊の士官候補生となる。1898年にエリート士官の登竜門である陸軍大学校を修了し、1899年から2年間、参謀本部へ異動。1901年大尉として原隊に復帰し、3年間砲兵中隊長を務める。

1904年より参謀本部中央事務局に異動。さらに陸軍大学校への辞令を受け戦史(軍事史)を教えていたが、1907年、学期半ばでプファルツ地方ランダウのバイエルン第3師団の参謀に異動させられる。これを懲罰的措置とみなしたハウスホーファーは、学者としてのキャリアの道を探し始める[1]

1908年(明治41年)から1910年(明治43年)まで、駐日ドイツ大使館武官として勤務。帰国後まもなく重い肺病を患い、3年間の休職を命じられた[2]。その間、1911年から1913年に博士論文「日本の軍事力、世界における地位、将来に関わる考察」をまとめ、Doktor der Philosophie(日本では哲学博士に相当)を取得。

40代に入っても少佐にとどまっていたが、第一次世界大戦では西部戦線に従軍して急速に昇進し、砲兵連隊長などを務めて名誉少将の階級を受ける[3]

ドイツ地政学の祖・ヒトラーとの出会い[編集]

ハウスホーファーとヘス

戦後はミュンヘン大学にて大学教授資格を取得し、1921年に同大学の地理学教授となる[3]。ハウスホーファーは、自然地理的環境と政治との相互関連を強調し、スウェーデンルドルフ・チェーレンが提唱した地政学を継承して大成させた[4]

1919年にハウスホーファーは教え子としてルドルフ・ヘスと知り合い、1921年にはアドルフ・ヒトラーと出会った[3]。1923年のミュンヘン一揆の際には逃亡するヘスを一時匿い、ランツベルク刑務所に収監されていたヒトラーと面会した。ヒトラーはハウスホーファーの生存圏の理論に興味を覚え、「生存圏を有しない民族であるドイツ人は、生存するために軍事的な拡張政策を進めねばならない」として、ナチス党の政策に取り入れた。しかしハウスホーファーは「(ヒトラーが)それら(地政学)の概念を理解していないし、理解するための正しい展望も持ち合わせていないという印象を受けたし、そう確信した」と見てとり、フリードリヒ・ラッツェルなどの地政学基礎の講義をしようとしたが、ヒトラーは拒絶した。ハウスホーファーはこれをヒトラーが「正規の教育を受けた者に対して、半独学者特有の不信感を抱いている」事によるものであるとみていた[4]

ナチス政権下[編集]

ナチス党が政権に就いた1933年にはミュンヘン大学の正教授に就任した。1934年から1937年までドイツ学士院総裁を務め、この間、駐独大使館付武官であった大島浩とも接触してドイツと日本の政治的連携の確立に関与した。

妻がユダヤ系であったこともあって、1938年頃にはハウスホーファー本人はナチズムに幻滅するようになっていたといわれるが[3]1939年には親衛隊が運営するドイツ民族対策本部(ドイツ国籍を有しない国外ドイツ人との連携機関)に籍を置いた。

1941年5月10日に教え子のヘスが、イギリスとの単独和平を目論みメッサーシュミット Bf110で渡英した際には、事前にヘスと会っていたこと、息子のアルブレヒト英語版がイギリスにおける接触先としてハミルトン公ダグラス・ダグラス=ハミルトンを紹介していたことが問題視された。そして同年独ソ戦が開始されたことから、地政学上の見地から「ソ連との関係を強めるべき」と主張したハウスホーファーとヒトラーの関係は疎遠になる。

さらに息子アルブレヒトが1944年7月20日のヒトラー暗殺計画に関わっていたことでゲシュタポの監視下に入った。アルブレヒトは逃走していたが、同年12月に逮捕され、ベルリン陥落直前の1945年4月末に処刑された。ハウスホーファーは彼の死を大いに嘆いた[3]

死去[編集]

ハウスホーファーの墓

第二次世界大戦期を通じて連合国の間では、ハウスホーファーがヒトラーの侵略政策に大きな影響を与えたという見方が広まった。ドナルド・ノートンはこうした見方をされたハウスホーファーを「ヒトラーの悪魔的天才(Hitler's evil genius)」と評している。ドイツ敗戦後のニュルンベルク裁判でも重要戦争犯罪人としてハウスホーファーを裁く動きがあったが、高齢の上に病身であったこと、ヒトラーの政策への関与の立証が困難であった事などから見送られた[5]。ハウスホーファーは、自らの理論がナチス・ドイツに用いられたことについて「自分は科学者であるよりもドイツ人であった」と述懐している[6]

1946年に妻とヒ素を飲み、服毒自殺をした。

思想と影響[編集]

ハウスホーファーはソビエト連邦とドイツの同盟の主唱者の一人であり、グレゴール・シュトラッサーナチス左派エルンスト・ニーキッシュのようなナショナル・ボリシェヴィズムの哲学、一部のドイツ共産党幹部までにも大きな影響を与えた。

日本については、日本にヨーロッパにおけるドイツの役割を与えた著作『太平洋の地政学』(Geopolitik des pazifischen Ozeans) を残した。日本滞在中に日本語はもちろん、朝鮮語中国語を修め、広くアジアを旅しヒンドゥー教仏教の経典、またアーリア民族が多く住む北インドイランにも詳しく、アジア神秘主義の権威でもあった。ヒトラー及びナチス党はハウスホーファーの理論に少なからぬ影響を受けた。

ハウスホーファーは、以下を主張した。

  1. ラッツェルの「レーベンスラウム」(生存圏)と国家拡大理論
  2. チェーレンの「アウタルキー」(経済自足論)
  3. マッキンダーのハートランド論による「ランドパワーとソフトパワーの対立」
  4. パン・リージョン理論(統合地域)
  5. ソ連とのランドパワーによる世界支配

ハウスホーファーは世界をいくつかのブロックにわけて、アメリカ、ソ連、日本、ドイツなどがそれぞれの地域で主要な地位を占め、秩序を維持すべきとした。勢力均衡理論に基づいて世界視野での勢力均衡を確立することを提唱しているものといえるが、それらをとりまとめる国がドイツであるとした。

受章歴[編集]

参考資料[編集]

最近のリプリント
  • カルル・ハウスホーファー、『太平洋地政学・地理歴史相互関係の研究』、日本青年外交協会研究部訳(服田彰三)、東京: 日本青年外交協会、昭和15年。リプリント:『アジア学叢書』、第132巻、東京:大空社、2005年5月27日。
ハウスホーファー研究

脚注[編集]

  1. ^ Christian W. Spang: Karl Haushofer und Japan. Die Rezeption seiner geopolitischen Theorien in der japanischen Politik. Monografie des Instituts für Japanstudien, Band 52, 2013, S. 86 ff. books.google
  2. ^ Spang, Christian (2006). Japanese-German Relations 1895-1945. Routledge. p. 139–157. ISBN 041545705X 
  3. ^ a b c d e ハウスホーファー(はうすほーふぁー)とは”. コトバンク. 2020年7月18日閲覧。
  4. ^ a b 1945年10月17日、ニュルンベルクにおけるハウスホーファーの証言、ジョン・トーランド永井淳訳「アドルフ・ヒトラー」(集英社文庫)第一巻、393-394p ISBN 978-4087601800
  5. ^ シュパング、2001年、4p
  6. ^ 地政学(ちせいがく)とは”. コトバンク. 2020年7月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]