カイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カイザードイツ語: der Kaiser オランダ語: Keyser)は、ドイツ語皇帝号君主号およびそれに由来する人名地名

概要[編集]

ガイウス・ユリウス・カエサル (Gaius Julius Caesar) から取られた帝政ローマ皇帝号や、副帝号カエサルの派生語でもある。ドイツ語では「皇帝」を意味しており、神聖ローマ帝国オーストリア帝国オーストリア=ハンガリー帝国)、ドイツ帝国では君主称号を意味しており、フィクションでもドイツ系皇帝の称号として使われる(例:『銀河英雄伝説』)。日本天皇の訳語も"Kaiser"である[1]

堅い文では、「r」を母音化させない昔ながらの発音で「カイゼル」と読まれることもあり、その場合はヴィルヘルム2世個人を指す場合が多い。[2][3]

また、帝王切開を意味するドイツ語の「Kaiserschnitt」の訳語でもある。

なお、オランダ語低地ドイツ語の一部では「ケイゼル」 (keyser) と読まれることもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Neuer Kaiser bekommt Throninsignien, die er nicht anschauen darfディ・ヴェルト 2019年5月1日 2020年10月30日閲覧)
  2. ^ 竹中 亨 『ヴィルヘルム2世 : ドイツ帝国と命運を共にした「国民皇帝」』中央公論社、2018年。 
  3. ^ 『ヴィルヘルム2世』/竹中亨インタビュー”. 中央公論新社. 2022年6月29日閲覧。

関連項目[編集]