ボヤール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボヤールは、中世ロシアやスラブ系諸国に存在した支配階級である。 軍事に関する重要な役職を務め、ドゥーマと呼ばれる国家会議では公(クニャージ)やツァーリへの助言を行った。 13世紀、14世紀においては、クニャージへ助言を与える裕福な地主であったが、他の土地や公へ仕える自由もあった。

祖先に先代の公や諸外国の貴族を持つボヤールは15世紀から17世紀のモスクワにおいては、貴族制と強固な関係にあり、200前後のボヤール家が存在した。ヨーロッパの観念からすると高潔とは言えない行儀作法を持ち、多くの者は文字を読むことができなかった。旅行に出ることは少なく、外国のもの全てに懐疑的であった。

17世紀になると地位が低下しはじめ、18世紀初期には、ピョートル1世によってボヤールの称号は廃止された。