佐々木能理男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 能理男(ささき のりお、1902年10月28日 - 1972年1月4日)は、日本の映画評論家。

宮城県生まれ。東京帝国大学法学部卒、1929年『映画評論』編集部に入り、映画評論で活躍。戦時中はナチスの本を多く訳し、カール・ハウスホーファーの『日本』も邦訳。戦後は不遇で、晩年は東宝嘱託として著作権問題などを研究した。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 映画監督と映画脚本論 ヴェ・プドーフキン 往来社 1930 (映画叢書)
  • 戦争 ルートヴィッヒ・レン 世界社 1930
  • 映画美学と映画社会学 ベエロ・ボラージュ 往来社 1932 (映画科学研究叢書)
  • 映画の弁証法 エイゼンシユテイン 往来社 1932
  • 映画文化の精神 フイリツプ・ミラー 往来社 1933 (映画科学研究叢書)
  • 芸術としての映画 ルドルフ・アルンハイム 往来社 1933 (映画科学研究叢書)
  • 純粋芸術としての映画 フィヨドル・スチェパン 芸術社 1935
  • 映画の文法 映画技巧の分析 レイモンド・スポティスウッド 映画評論社 1936
  • プドフキン映画創作論 映画評論社出版部 1936
  • シナリオ講話 フランセス・マリオン 芸術社 1938.4
  • 戦時下独逸映画の動向 ドイツ文化資料社編 青山敏美共訳 新東亜協会 1941
  • 勝利の日記 ゲッベルス 第一書房 1941
  • 独逸映画を如何に学ぶべきか ドイツ文化資料社編 柴田隆二共訳 青山書院 1942 (独逸の映画体制貴重資料の集成)
  • 日本 ハウスホーファー 第一書房 1943
  • 世界観と政治 ヴァルター・シュルツ=ゼルデ 日月書院 1943
  • 映画の弁証法 セルゲイ・エイゼンシュテイン 角川文庫 1953 ISBN 978-4-04-310901-2
  • ミュージックビジネス シドニー・シメル、エム・ウイリアム・クラシロフスキー 著作権資料協会 1968

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典