ナチス左派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナチス左派(ナチスさは)とは、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)で社会主義を強調していた党内左派グループを指す。また、グレゴール・シュトラッサーらの主張はシュトラッサー主義英語: Strasserism)と呼ばれることもある。

概要[編集]

左派の領袖としてはグレゴール・シュトラッサーオットー・シュトラッサーのシュトラッサー兄弟が知られる。彼らは1923年のミュンヘン一揆アドルフ・ヒトラーが入獄した後、主に北ドイツでナチ党系の組織を率いた。「国家社会主義通信」など独自の機関誌を発行していた彼らの主張は社会主義的側面が強く、ドイツ共産党が提案したドイツ帝国構成諸国旧君主の財産接収ドイツ語版法案にも賛成していた。このためミュンヘンを中心とするナチ党右派、ヘルマン・エッサーユリウス・シュトライヒャーらと強く対立した。出獄してきたヒトラーは1926年のバンベルク会議でシュトラッサーらの主張を否定し、党内における指導者原理を確立させた。その後グレゴールやその秘書ヨーゼフ・ゲッベルスを懐柔する一方で、オットーは離党を余儀なくされた。オットーは後に黒色戦線と呼ばれる組織を立ち上げ、左派的な国家社会主義を主張し続けた。 全てを宣伝に帰するミュンヘン・ナチのアジテーション方式に飽き足らぬ左派は、ナチスの理念を求めナチスの運動にイデオロギー性をもたせようとした。曖昧なままに放置された25カ条綱領をはっきりさせ、ミュンヘン・ナチの反ユダヤ主義一辺倒に代わって、共和制の主張、身分制秩序、反西欧資本主義からする親ソ外交路線などと共に、社会主義を全面に押し出した。彼らが何よりもミュンヘン・ナチに抱いた疑念は、その経済政策実行の真面目さと熱意だった。社会主義者をもって自認する彼らには、これは黙視できなかった。 グレゴール・シュトラッサーによれば、「我々は社会主義者であり、経済的弱者の搾取や不当な賃金支払いや責任と業績によらずに財産と金による非道徳的な人間を評価する今日の資本主義体制の敵であり宿敵なるが故に、我々はこの体制を是が非でも絶滅する決心を固めるに至った!我々は、非の打ち所がなく、しかも現体制よりも優れた働き手を有する、より良き、より正当で、より道徳的な体制を代置させなければならない!」とのことであった。

ヒトラーの権威が党内で不動のものとなると、バンベルク会議後の左派の勢力は減退し、1932年にクルト・フォン・シュライヒャー首相がナチ党左派を取り込もうとしたが失敗し、グレゴールが離党を余儀なくされた際にも追随者はほとんど出なかった。

左派の出身者としてはグレゴールの秘書を務めていたゲッベルスとハインリヒ・ヒムラー、人民法廷の裁判官ローラント・フライスラーらが知られている。ヒムラーには離党して養鶏農家を始めようか迷い、シュトラッサーに相談していたエピソードがある。またエルンスト・レームらの突撃隊幹部も左派に近く、政権獲得後には「第二革命」を唱えていた。

1934年長いナイフの夜事件により、レーム、グレゴール・シュトラッサーら象徴的人物が粛清され、左派は党内での影響力を完全に失った。しかしナチス・ドイツで強い影響を持ったゲッベルスやヒムラーなどの思想にも左派の影響は強く残っていた。

ドイツ革命の十四のテーゼ[編集]

オットー・シュトラッサーはバンベルク会議の決定後も、革命意欲を封じ込めることはなく、ドイツ革命のための反ブルジョア的姿勢を示し、「ジロンド」のヒトラーに対して自らの「ジャコバン」性を強調した。 1929年8月1日、彼は「NS書簡」に新生ドイツのための『ドイツ革命の十四のテーゼ(Die 14 Thesen Deutschen Revolution)』を発表して自分の基本的立場を綱領的に要約した。

Ⅰ、ドイツ革命は、ドイツの罪過という虚偽の上に立ち苛酷な暴力で恐喝されたヴェルサイユサン・ジェルマンの「平和条約」の桎梏を神と世界の前に否定し、この圧政とその上に築かれたあらゆる協定が完全に一掃されるまで八方手を尽くして倦むことを知らぬファナティックな闘争を続ける。

Ⅱ、ドイツ革命は、メーメルからストラスブールオイペンからヴィーンにまたがる母国と見受けされざる諸地域のドイツ人を含み、その偉大さと能力によって白人ヨーロッパの脊椎や心臓となり、中欧移民圏の全ドイツ系種族を包括する、強力なドイツ国家に住むドイツ国民の自由を宣言する。

Ⅲ、ドイツ革命は、異民族や異国民を支配したりこれを搾取すること否定する。それは、若きドイツ国民にとって十分な生活圏以上のものもそれ以下のものも欲しない。またそれは、生存のこの最も深遠な根元的権利の行使が多民族や他国民の同種の権利と対立する限りにおいて、戦争の決断を運命の意志として承認する。

Ⅳ、ドイツ革命は、国民の総力を結集し、この国民の生存と未来の安泰のためにこの力を統合動員することを国家の唯一の目的と宣言し、この目的を促進するすべての手段を肯定しこれを阻む全ての手段を否定する。

Ⅴ、ドイツ革命は、それ故、国家や政党や信仰上の統一を破壊また阻むあらゆる動向に対して強力な中央集権の断乎たる確立を要求する。それがもたらすドイツ国民の統一国家は、地方や種族の組織から生まれる緒力を強化無比な統一にまで結合する。

Ⅵ、ドイツ革命は、強調すべき国家の主権的課題を然るべく補うものとして、生に背く自由主義体制によって阻害され抑圧された身分的自治制に対して発展への自由な余地を与える。それは、よろづにつけて、指導者の個人的責任をもって匿名大衆の無責任性におき代えるとともに、職業・身分会議制の活発な組織をもって作為的な議会主義におき代える。

Ⅶ、ドイツ革命は、ドイツ国民の運命共同体を宣言する。だがそれは、運命共同体が緊急の共同体たるのみならずパンの共同体たることをも意味するものであることを自覚し、この認識より生ずるあらゆる要求を「私益に優先する公益」というその基本原則に従って肯定する。

Ⅷ、ドイツ革命は、それ故、資本主義の個人経営体制を拒否するものであり、その打倒がドイツ革命成功の前提をなす。それは、同様に断乎として社会主義の集団的経済体制に帰依するものであり、あらゆる経済の意味はひとえに国民の需要の充足にあって富と利益にあらざる点に終始する。

Ⅸ、ドイツ革命は、それ故、土地及び地下資源の総所有を宣言するものであり、その所有者はただ国民の采邑保有者に過ぎず、国民がよろずこの所有を保護すると同様、彼らは国民またはその国家に対して責任及び工程の義務を負う。

Ⅹ、ドイツ革命は、同様の権限に基づき、国民経済の所有・利益・管理に対するあらゆる創造者全体の参加を宣言するものであり、所有・利益・管理への個人的参加が業績の向上と責任の増大によって獲得され条件づけられるかの国民同朋もまたこの国民経済に奉仕するものもする。それは、個人的利害の動因を知りこれを承認はするが、これを国民のために機構化する。

XI、ドイツ革命は、この国民の福利を物的価値の増大の中に求めず、生活水準の果てしなき向上の中に求めずして、運命より与えられた課題の実現がこのドイツ国民にとって可能となることを目的として、ひとえに、かの神慮からする国民有機体の健康と健康維持の中にこれを求める。

XII、ドイツ革命は、この課題をかの一回的な民族的特性の完成な育成の中に求め、それ故、八方手を尽くして人類の退化や外国文化の氾濫と闘い、民族の更新と純化、ドイツ文化のために闘う。特にこの闘争が妥当するのは、フリーメーソンローマ教皇全権論の超国家的緒力と結んでかつは必然的な本性からかつは自発的にドイツ魂の生命を破壊するユダヤ人である。

XIII、ドイツ革命はそれ故、ユダヤ = ローマ法の支配と闘い、ドイツ人とその名誉を主軸とし、すすんで人間の不平等を肯定し評価するドイツ法のために闘う。このドイツ法はただ国民同朋のみを公民として認めるものであり、それが尺度とするのはただ全体の福利のみである。

XIV、ドイツ革命は、フランス大革命の世界像を打倒し、二〇世紀の相貌を構成する。それは、社会主義的である。ドイツ民族の奴隷化に抗して。それは社会主義的である。金の圧政に抗して。それは民族的である。ドイツ人魂の破壊に抗して。だが、全てはひとえに国民の為である。
 
そしてこの国民の為にはドイツ革命は如何なる闘争からも尻込みせず、そのためには如何なる犠牲も大き過ぎるということはなく、如何なる戦争も残虐に過ぎるということはない。
何故ならドイツは生きなければならぬからである。

民族共同体[編集]

偶発的に共存するばらばらの諸個人の意志によって左右されるリベラル国家とは違って世界的使命を伴う「ドイツ革命」思想に立脚して構想される国家は、何よりもまず民族同一の血に立脚する民族国家でなければならなかった。民族共同体は、これを犯す犯罪者には極刑をもって報いられるものとして神格化される。オットーの有機体的民族観はあらゆる民族同朋のドイツ国家への編入を目指すものであり、ドイツ諸州は言うまでもなくズデーデンオーストリア東欧に居住するあらゆるドイツ人を包含する『民族的 全ドイツ(das völkische Gesamtdeutscheland)』を目標とするものであった。 このような大ドイツ的構想を持った有機体観からすれば、民族体を侵す外国様式の浸透に対してはヒトラーと同じような神経質なアレルギー反応を示さざるを得ない。オットーもまたユダヤ人を含む異民族に対して公民権を否定し、ドイツ公民が彼らと結婚する場合にはその公民権を剥奪せよと説いている。しかし、オットーの反ユダヤ主義はユダヤ人の生存権までも否定するヒトラーの傲慢な反ユダヤ主義ではなかった。

「自己の民族の不遜を一切否定しつつ自己の本性の実現を至上の法則として公言し、それ故にこそ異国風の影響を一切否定するかの真に民族的な観点。この真に民族的な観点の最後を飾るものは、それがあらゆる異民族に対しても同じ生存権、同じ生存の義務すらも、彼等の神から望まれし課題として認めるということである。」

ナチス左派はメラー・ファン・デン・ブルックの説く「若い民族の勝利」を信じており、若く活力に富むドイツ民族を狭い生活空間の中に閉じ込め、その正当な生存権を奪った老醜を漂わせる西欧列強の課すベルサイユ条約の破棄を主張し、このためにはドイツ民族は戦争も辞すべきではなかった。 ドイツは民族の自由闘争の為に、ソビエトとも手を結んで西欧と対決しなければならず、イギリスとの同盟の上に立って東方へ侵略しようとするヒトラー外交路線とは相容れぬメラーやブロックドルフ・ランツァウにつながる東方外交路線の思想があった。そしてこのドイツ民族の対外自由闘争の為にこそ、ドイツが国内で西欧資本主義とは違った「社会主義」の体制をとることが先決となる。

国家観[編集]

民族の自然発生的血縁共同体の観点からすれば、国家は、この生きた有機体を人為的に組織する外形に過ぎない。民族が国家に先行するのであって、その逆ではない。この「自然 対 人為」の二元対立の発想は、メラー・ファン・デン・ブルック (de)の「母国 対 祖国(Mutterland ― Vaterland)」、シュペングラーの「生成 対 既成(des Werden ― das Gewordne)」や「生 対 死(Leben ― Tod)」の対立を思わせる「保守革命」の思想家達に共通して見られる思想的特徴である。 ヴァンダーフォーゲルによれば、「溪流と水道は同じものではない」オットーは、このようなロマン的に民族と国家の関係を規定する。

「国家は自己目的では無く、その課題は、他の民族共同体に対して民族共同体の存続を保証する最大限の可能な総力結集が達成できるように、民族の有機体を形態化し、体制化するところにある。 国家は常にその民族の特性によって規定され、民族は内容であり、生きたもの、有機的なるものである。国家は形態であり、死せるもの、組織的なるものである。」

オットーは、決断を下し得ぬ無責任な政治政党のリベラル国家の打倒を叫ぶと同時に、他方では上意下達のファシズムボルシェヴィズムビザンティン的官憲国家の体制に反対して、自発的自己決定の原理に立脚する職業身分制国家を構想し、これを「ゲルマン的デモクラシー」として神話化し、このような自然発生的なるものを強調して人為的に組織されたものを嫌う傾向があった。

オットーが理想とした国家はできるだけ有能な人材の登用が可能となるような、自己決定によって働かされ高められた民族のなかにひそむ数多くの才能人の業績を、国民の幸せの為に満遍なく利用する職業的自治の国家であった。この人材育成の為に、彼は、軍隊勤務や手工業者や小企業主の生活とそのエートスをモデルにした業績と性格の教育を考えた。人材育成には、知性教育の他にこれらのものが必要であり、彼は、青年達の一年間にわたる手工業見習いの労働奉仕や数年間の軍隊生活の志願勤務をすすめた。 このような独特の方法によって、「戦士 対 貴族」の形でドイツ国家の担い手となるであろうかの人種的自然淘汰を得ることが可能となる。

「ドイツ革命」の担い手とされるこのような自然淘汰された強固な性格や犠牲心や闘争力を持ったオットーの「戦士 対 貴族」像は、その軍国的エートスと「労働=兵士」の観念の点でユンガーニヒリズムの背景を別にすれば、彼の「労働者」像に通ずるものである。

左右ナチの共通基盤[編集]

反ユダヤ主義という点では左派も右派も変わりはなかったが、前者は、後者が「創造的な産業資本(Schafffendes Industriekapital)」とユダヤ人の「略奪的資本(raffendesFinanzkapital)」を区別したようなやり方で国民社会主義を反ユダヤ主義にすり替えてしまうようなことはせず、一般に人種宗教に関わりなく、生産手段を独占しているブルジョアジーの全体と闘おうとする姿勢を示した。 しかしながら、後にのべるように、彼らの社会主義は決してマルクス主義ではなかったし、それどころか反マルクス主義だった。

かれらもまた、右派と同じように、19世紀以来、大資本と労働組合の双方の圧迫を受けてその谷間で苦悩し、大資本に敵意を示すと同時に生活のプロレタリア化を恐れる小企業主や俸給生活者や年金生活者や中産農民層をその社会的基盤とし、その反独占資本主義と反マルクス主義の気持ちを代弁するものであった。

彼らの「保守革命」の心情なるのも、一方で革命的心情を歌いながら、その身分的階層国家の構想やギルドの強調からも明らかなように、過ぎ去った過去の世界へ復帰しようとする保守的なロマン的憧憬を示すものに他ならない。

そのいう「革命」も、経済革命のことではなく、独占資本に対する道徳的、心情的な抗議を示すに留まった。 ナチス左派は、決してプロレタリア路線をとったわけではない。

ナチス左右における違いは、左派がプロレタリア路線をとり、右派がプチブル路線をとったという点にあるのではなく、左派がナチ帰属層の真の要求を代弁しようとしたのに反して、右派が政権獲得のためにこのナチ帰属層の要求を犠牲にしようとしたところにある。 両者の違いは、綱領の原則に忠実たろうとする左派の姿勢と、戦術のために原則を無視しようとする右派の姿勢との違いであった。

関連作品[編集]

粛清直前のシュトラッサーが、同じく危うい立場のレームに共闘を持ちかけるフィクション

関連項目[編集]

参考文献[編集]