ルドルフ・チェーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rudolf Kjellén(1864-1922)

ヨハン・ルドルフ・チェーレン (スウェーデン語: Johan Rudolf Kjellén [ɕɛˈleːn]、1864年6月13日 - 1922年11月14日)は、スウェーデンの政治学者・政治家。"地政学ドイツ語: geopolitik)"という言葉を最初に生み出した人物として知られる[1]

来歴[編集]

1864年6月13日にヴェステルイェートランド地方のトルセー島に生まれる[2]

チェーレンは1880年にスカラのギムナジウムを卒業し、同年ウプサラ大学に入学した。1891年にウプサラ大学でDoctor of Philosophyを取得し、1890年から1893年まで同大学で講師を勤めた。また、1891年からヨーテボリ大学で教鞭をとり、1901年から1916年まで同大学の政治科学と統計学の教授を務めた。

保守派の政治家でもあり、1905年から1908年まではリクスダーゲン第二院の議員、1911年から1917年までは同議会第一院の議員を務めた。

1922年11月14日にウプサラにて死没[2]

思想[編集]

チェーレンはフリードリヒ・ラッツェルに学び、その教えを受けて国家有機体説を発展させていくこととなる。チェーレンは「地政学」という言葉を生み出し、国家を「人類の一団とその有機的構成部分たらしめられた大地の一片」であると論じた[1][2][3]。国家の「自然的境界」は「海の境界」が理想であるとして、大陸国家が海洋進出を目指すことは自然なことと考えた[1]

彼の考えの基本は、1900年にヨーテボリ大学での講義を基にした『スウェーデン地理学入門』という本で紹介されている。1916年に出版された『生命体としての国家』は、チェーレンの国家論に関する最も重要な本と広くみなされている[4]。この著書では、国家は以下の5つの主要な側面から構成されており、政治科学的学問分野の研究対象となるべきであると主張している。

  1. 領域としての国家は、地政学によって研究されるべきである
  2. 民衆としての国家は、民主政治学によって研究されるべきである
  3. 経済としての国家は、経済・政治学によって研究されるべきである
  4. 社会としての国家は、社会政治学によって研究されるべきである
  5. 政府としての国家は、組織政治学によって研究されるべきである

チェーレンは国家を単に法的に解釈することに異議を唱え、国家と社会は対極にあるものではなく2つの要素が合わさっているのだと主張した。国家には法と秩序に対する責任があるだけでなく、社会福祉・経済福祉に対する責任もある。

また、チェーレンは国家が経済的に自給自足できる状態である「アウタルキー」(ドイツ語: autarkie閉鎖経済)を提唱した[1]。チェーレンにとって、国家が経済的に自立することは、経済政策上の課題ではなく、政治的問題に対する解決策であった。輸入への依存は、国家が経済的に自給自足でないことを意味していた。

影響[編集]

師であるラッツェルやアレキサンダー・フォン・フンボルトカール・リッタらとともにチェーレンは国家有機体説の基礎を築き、これを熱烈に支持して継承したカール・ハウスホーファードイツ学派を形成した

チェーレンの思想を広く採用したカール・ハウスホーファーは、経済政策には関心を示さなかったものの、アウタルキーを主張した。絶えず争いに巻き込まれる国家は、自給自足を志向するのである。

その後地政学は、ズビグネフ・ブレジンスキーヘンリー・キッシンジャーらによって米国で再び花開くこととなる。

参考文献[編集]

  • Dorpalen, Andreas. The World of General Haushofer. Farrar & Rinehart, Inc., New York: 1984.
  • Kjellén, Rudolf, Die Grossmaechte der Gegenwart. Leipzig, Berlin, 1914.
  • Kjellén, Rudolf, Die politische Probleme des Weltkrieges. Leipzig, 1916.
  • Kjellén, Rudolf, Staten som lifsform. Stockholm, 1916.
  • Kjellén, Rudolf, Der Staat als Lebensform. Leipzig, 1917.
  • Kjellén, Rudolf, Die Grossmaechte vor und nach dem Weltkriege. Leipzig, Berlin, 1930.
  • Mattern, Johannes. Geopolitik: Doctrine of National Self-Sufficiency and Empire. The Johns Hopkins Press, Baltimore: 1942.
  • Tunander, Ola. 'Swedish-German Geopolitics for a New Century - Rudolf Kjellén’s ‘The State as a Living Organism’, Review of International Studies, vol. 27, no. 3, 2001.

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 関根大助. “ユーラシアの地政学的環境と日本の安全保障”. 海洋情報 FROM THE OCEANS. 笹川平和財団. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c チェーレンとは”. コトバンク. 2020年7月24日閲覧。
  3. ^ 森滝健一郎「地理学における環境論」『水資源・環境研究』第1987巻第1号、水資源・環境学会、1987年、 34-47頁、 doi:10.6012/jwei.1987.34ISSN 0913-8277NAID 1300034393802020年7月24日閲覧。
  4. ^ 地政学(ちせいがく)とは”. コトバンク. 2020年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]

s