フィリップ・ボウラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国の政治家
フィリップ・ボウラー
Philipp Bouhler
Bundesarchiv Bild 183-H13374, Philipp Bouhler.jpg
生年月日 1899年9月11日
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国 ミュンヘン
没年月日 (1945-05-19) 1945年5月19日(満45歳没)
死没地 ドイツの旗 ドイツ
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン州 ダッハウ
出身校 ミュンヘン大学
所属政党 Reichsadler der Deutsches Reich (1933–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
配偶者 ヘレーナ・マイヤー

ドイツの旗ナチス・ドイツの旗 総統官房長
在任期間 1934年11月17日 - 1945年5月8日

選挙区 18区(ヴェストファーレン西部地区)
当選回数 4回
在任期間 1933年 - 1945年
テンプレートを表示

フィリップ・ボウラー(Philipp Bouhler, 1899年9月11日 - 1945年5月19日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の幹部。ナチ党総統官房長。

経歴[編集]

バイエルン王国陸軍省の長官エミール・ボウラー大佐の息子としてバイエルン王国首都ミュンヘンに生まれる。ボウラー家は曽祖父の時代から代々軍人の家庭であった。ミュンヘンの小学校を卒業した後、1909年から1912年にかけてミュンヘンのマクシミリアン・ギムナジウムドイツ語版に通う。1912年から1916年にかけてミュンヘンのバイエルン士官学校ドイツ語版に入学した。バイエルン第一砲兵連隊に入隊し、第一次世界大戦に出征した。1917年に西部戦線で両足を激しく負傷。以降ドイツの敗戦まで病院で療養していた。大戦中に少尉まで昇進し、二級鉄十字章戦傷章黒章を受章した。

戦後、1919年から1920年にかけミュンヘン大学にて哲学と文学を学んだ。1920年から1921年10月にかけてミュンヘンにあるモータースポーツに関する出版社に勤務した。1921年11月にナチ党機関紙『フェルキッシャー・ベオバハター』の販売員となり、1922年7月にナチ党に入党。1923年11月のミュンヘン一揆にも参加した。一揆は失敗し、党は一時解散したが、ナチ党再建後の1925年2月27日に再入党し、党員番号12を与えられる。1925年3月から1934年11月にかけてナチ党の全国経営指導者となる。

1933年3月ドイツ国会選挙に選挙区18区(ヴェストファーレン西部地区)からナチ党候補として出馬して当選。1933年4月20日に親衛隊名誉指導者として親衛隊に入隊し(隊員番号54932)、親衛隊中将の階級が与えられた。のち1936年1月30日には親衛隊大将に昇進することとなる。1933年6月2日には党の全国指導者の一人に列した。

1934年8月から10月までの短期間だが、ミュンヘン警察の長官ともなった。この後、総統官邸に配属され、1934年11月にはこれまでの全国経営指導者職に代わってナチ党総統官房長の地位を与えられた。1936年1月には「国家社会主義ドイツ文学のための研究会」 議長を兼務。総統官房長職も国家社会主義ドイツ文学のための研究会議長職も国会議員の職も第二次世界大戦の末期まで保持した。

第二次世界大戦が開戦したのちの1939年10月にボウラーはカール・ブラントとともに障害者や病人を安楽死させる計画「T4作戦」の監督を任された。ボウラーは突撃隊上級大佐ヴェルナー・ブランケンベルクドイツ語版親衛隊上級大佐ヴィクトール・ブラックドイツ語版に実務を任せて1941年8月には計画から去っていった。1940年5月からは学校・教育問題全国事務局の局長に任じられた。1942年6月から1943年にかけては東アフリカの統治のための人員を送る「東アフリカ特別官房局」の局長となった。

大戦末期の1945年4月23日にヘルマン・ゲーリングの「反逆」にハンス・ハインリヒ・ラマースとともに関与したとされ、マルティン・ボルマンの命令によって親衛隊員によりベルヒテスガーデンで逮捕された。アドルフ・ヒトラー自殺後に釈放されたが、1945年5月10日にアメリカ軍により逮捕され、ダッハウに近い場所に置かれていたアメリカ軍の捕虜収容所に入れられ、5月19日にここで自殺した。

家族[編集]

1934年8月18日にヘレーナ・マイヤーと結婚していた。彼女は大変な美人であり、「総統官邸で一番の美人」と称された。ボウラー夫妻に子供はいなかった。ヘレーナは夫を心の底より愛していた。夫の自殺を知ると1945年5月末にフィッシャーホルンで飛び降り自殺して夫の後を追っている。

参考文献[編集]

  • Michael D. Miller, Leaders of the SS & German Police, Volume I. Bender Publishing, ISBN 9329700373