国民ラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国民ラジオ VE301W

国民ラジオ(こくみんラジオ、: Volksempfänger)は、ナチス・ドイツにおいて一般国民に対するプロパガンダの手段として大量生産され、低価格で販売された一連のラジオ受信機の総称。

国民ラジオの開発と急速な普及[編集]

ラジオが持つ強大な宣伝力に着目していたヨーゼフ・ゲッベルスは、1933年ナチスが政権に就くと直ちに帝国放送協会国営化し、その管轄を内務省から国民啓蒙・宣伝省に移して一般国民向けのプロパガンダ放送を開始した。しかし、こうしたナチスのプロパガンダ政策にとって大きな課題となったのがドイツにおけるラジオ受信機の普及の遅れだった。当時、ラジオ受信機は非常に高価であり、ドイツの一庶民が簡単に購入できる製品ではなかったのである[1](もちろんドイツに限った話ではなく、世界的に当時のラジオはまだ「先端技術が使われた高額な商品」のひとつであった)。

ラジオ受信機の迅速な普及が持つ意味の重要性を感じたゲッベルスは、電気工学者オットー・グリーシンクに低コストで大量生産が可能な受信機の設計・開発を要請するとともに、シーメンスAEGテレフンケンをはじめとする国内電機メーカーに対し「国民ラジオ」を他に優先して生産するよう指示した。

こうした経緯を経て開発された最初の国民ラジオVE-301型は、1933年8月18日ベルリン国際無線展示会で紹介された[2]。キャビネットの素材にベークライトを使用し、内部構造を簡略化することなどによりコストの圧縮に成功したVE-301型は、76ライヒスマルク (RM) という比較的手頃な価格で入手可能なモデルだった。後には、より廉価な35RMのモデル・DKE38型(このモデルは、一般国民から『ゲッベルスの口』と呼ばれた)も生産された。国民ラジオ計画の進展とともにドイツでのラジオ受信機の普及は急速に進み、1939年にはラジオ受信機を所有する世帯が全体の70%を占めるまでに至った。この普及率は、当時において世界一だった[3]。1933年から1939年までの間に製造された国民ラジオの累計台数は700万台を超えている。

ナチス・プロパガンダとの関係[編集]

ゲッベルスは「ラジオ放送は最も近代的で最も重要な大衆感化の手段」であると考えており、安価でラジオを流通させたのはそのもくろみによるものだった[4]。 すべての国民ラジオは、ローカル局だけしか受信できないように意図的に設計されていた。つまり、ナチスのプロパガンダ放送は聴取できる一方で、例えば英国放送協会(BBC)の国際放送BBCワールドサービスのような他のメディアは聴取できないように仕組んでいたのである。

国民ラジオでは、最後まで短波放送の周波数帯を受信できなかった。また、当時、他のメーカーの受信機ではチューニングスケール上に欧州の主要な放送局のダイヤル位置が記されていたにもかかわらず、国民ラジオは最後までそれに追随しなかった。たいていの場合、国民ラジオのチューニングスケールにはドイツの放送局のダイヤル位置だけしか記されておらず、低価格帯のモデルには、もともとチューニングスケール自体が欠落していた。

ナチス・ドイツでは外国放送の聴取は犯罪であったが、占領された地域のいくつかでは非ドイツ人の市民がラジオを聴くことさえ非合法だった。後にこの禁令は大部分の被占領国に拡大し、大量のラジオ受信機が没収された。大戦後期には、その罰則の範囲は死刑にまで及んだにもかかわらず、ナチスが占領した国の多くでラジオは秘密裏に聴かれていた。近接した国または地域間に対立がある場合の電波戦略として後には定番となったジャミングも試みたが、その成功は限定されたものでしかなかった。

影響[編集]

プロパガンダの道具としての国民ラジオの効力に関しては多くのことが語られてきた。最も有名なのは、ナチス・ドイツの軍需大臣アルベルト・シュペーアニュルンベルク裁判の最終陳述で語った次の言葉である。

ヒトラーの独裁は、歴史上の全ての独裁と一つの根本的な点で異なる。あの独裁は、国を統治するためのあらゆる手段を完璧に使用した最初の独裁だ。ラジオと拡声器のような技術的な装置を通して8000万の人々が独立した考えを奪われた。それだけ多くの人々を一人の男の意志に服従させることは、こうした装置によって可能になった[5]

ヒトラー演説が行われた放送の聴取は国民に義務付けられ、どこでどのようにラジオを聞いたかの報告が求められたが、一方で亡命ドイツ社会民主党の『ドイツ通信ドイツ語版』によれば多くの人々が繰り返される演説に飽き飽きしており、ほとんど放送を聞かなかった[6]。このこともあって1934年以降はヒトラーの演説放送回数は半減している[7]。戦局が不利になるとヒトラーの演説に対する意欲も減退、回数も減り、1943年2月以降は聴衆のいないラジオ演説が主体となっている[8]

国民ラジオはヒトラーの演説の「叫び」を送り届けたが、一方の連合国側でも(その影響を受けたものではないものの)ラジオを使ったトップ直々のメッセージ伝達がおこなわれていた。フランクリン・ルーズベルト炉辺談話en:Fireside chats)は、「叫び」ではなく「話しかけ」を国民に送り届けた。聞く者が音量を調節できるというメディアの性質を考えると、生演説では効果的な「叫び」が、ラジオでは必須ではないのである[9]

国民ラジオと大衆文化[編集]

  • ドイツ電子音楽の先駆者クラフトワーク1975年に発表したアルバム放射能」(Radio-Aktivität) は、ジャケットに国民ラジオDKE38型の画像を使用している[10]他、ラジオや電波をモチーフとした楽曲もある。
  • ドイツのバンド、Welle: Erdball(w:Welle: Erdball)もVolksempfänger VE-301(「国民ラジオ VE-301」この記事冒頭の写真の機種の名前である)というタイトルの曲を作った。2002年のアルバムDie Wunderwelt der Technikに収録されているのが初出である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1933年頃のドイツ製ラジオ受信機の価格はローエンドの製品でも150RM前後 [1]。一方、当時のドイツ労働者の平均月収は120 - 150RMだった [2]
  2. ^ 「VE-301」のVEは、Volksempfängerを指す。「301」は1933年1月30日30/1/1933)、すなわち、ヒトラードイツ首相に就任した日を表現している。
  3. ^ Zeman, Z.A.B. (1973). Nazi Propaganda. 2nd Edition. Oxford: Oxford University Press, 49. p.
  4. ^ 高田博行 2014, p. 152-153.
  5. ^ Snell, The Nazi Revolution, p. 7.
  6. ^ 高田博行 2014, p. 167-168.
  7. ^ 高田博行 2014, p. 154.
  8. ^ 高田博行 2014, p. 216.
  9. ^ 鈴木明「波 1980-1999」pp.64-67 収録『ルーズベルトはラジオマイクにじっくりと話しかけた』、初出「ラジオライフ」1981年9月号
  10. ^ このアルバムの原題がRadioaktivitätではなく、Radio-Aktivitätであることに注意を要する。このタイトルには「放射能」だけではなく、「ラジオの活動」という意味も含まれている。なお、楽曲のタイトルのほうはハイフンを入れずRadioaktivitätである。

参考文献[編集]

  • Ansgar Diller: Der Volksempfänger. Propaganda- und Wirtschaftsfaktor. In: Mitteilungen des Studienkreises Rundfunk und Geschichte 9/1983, S. 140-157.
  • Michael P. Hensle: Rundfunkverbrechen. Das Hören von "Feindsendern" im Nationalsozialismus, Metropol: Berlin 2003, ISBN 3-936411-05-0.
  • Wolfgang König: Der Volksempfänger und die Radioindustrie. Ein Beitrag zum Verhältnis von Wirtschaft und Politik im Nationalsozialismus. In: Vierteljahreshefte für Sozial- und Wirtschaftsgeschichte 90/2003, S. 269-289.
  • Wolfgang König: Mythen um den Volksempfänger. Revisionistische Untersuchungen zur nationalsozialistischen Rundfunkpolitik. In: Technikgeschichte 70/2003, S. 73-102.
  • Wolfgang König: Volkswagen, Volksempfänger, Volksgemeinschaft. "Volksprodukte" im Dritten Reich: Vom Scheitern einer nationalsozialistischen Konsumgesellschaft, Ferdinand Schöningh: Paderborn et al. 2004, ISBN 3-506-71733-2.
  • Conrad F. Latour: Goebbels' "außerordentliche Rundfunkmaßnahmen" 1939-1942. In: Vierteljahrshefte für Zeitgeschichte 11/1963, S. 418-435.
  • Axel Schweiß: Schamhaare in japanischen Automaten; 2000 S. 33-45
  • Daniel Mühlenfeld: Joseph Goebbels und die Grundlagen der NS-Rundfunkpolitik. In: Zeitschrift für Geschichtswissenschaft 54/2006, S. 442–467.
  • Uta C. Schmidt: Der Volksempfänger. Tabernakel moderner Massenkultur. In: Inge Marßolek/Adelheid von Saldern (Hg.): Radiozeiten. Herrschaft, Alltag, Gesellschaft (1924-1960), Vlg. f. Berlin-Brandenburg: Potsdam 1999, S. 136-159, ISBN 3-932981-44-8.
  • Kilian J. L. Steiner: Ortsempfänger, Volksfernseher und Optaphon. Entwicklung der deutschen Radio- und Fernsehindustrie und das Unternehmen Loewe 1923-1962, Essen: Klartext Vlg. 2005, ISBN 3-89861-492-1.

外部リンク[編集]