デア・アングリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デア・アングリフ(1933年)

デア・アングリフ』(ドイツ語: Der Angriff)は、ヨーゼフ・ゲッベルス1927年ベルリンで創刊した新聞。"Der Angriff" は、ドイツ語で「攻撃」の意。

歴史[編集]

1926年ナチスのベルリン大管区指導者に就任した後、ゲッベルスはこの新聞を創刊した。新聞の運営資金の大部分は党が提供した。初代編集長はヴィリ・クラウゼWilli Krause、ペンネームはペーター・ハーゲンPeter Hagen)、ユリウス・リッペルトde:Julius Lippert)が2代目の編集長となり、1935年からはゲッベルスの信頼が厚いハンス・シュヴァルツ・ファン・ベルクde:Hans Schwarz van Berk) が編集長をつとめた。

当初は週に1回の発行だったが、後に週2回、1930年11月に日刊、1932年には夕刊が登場して毎日2回発行となる。内容は党のプロパガンダヴァイマル共和政に反対のアジテーション、そして反ユダヤ主義だった。新聞はベルリン警察のユダヤ人副署長ベルンハルト・ヴァイスを定期的に攻撃[1]。このため、1931年11月4日、ベルリン警察署長アルベルト・グジェジンスキde:Albert Grzesinski)により一時的な発禁処分を受けた。

1927年に約2,000部だった発行部数は、1936年に146,694部、1944年には306,000部に増加した。

1933年にナチスが政権を奪取して以降、デア・アングリフの重要性は緩やかに減少したが、連合軍のベルリン爆撃が始まってからはベルリン市民の士気を維持するため発行部数は増加した。デア・アングリフはドイツ降伏直前の1945年4月24日まで発行を続けた。

映画『カサブランカ』には、リックによってカジノから閉め出されたナチスの文民が怒りながら「デア・アングリフにこの冷遇を報告するぞ」と言う場面がある。

脚注[編集]

  1. ^ Joseph Goebbels. “Isidor” (translation to English). Der Angriff. 2008年9月22日閲覧。 “Example: a 1927 essay attacking Weiss.”

参考文献[編集]

  • Russel Lemmons: "Goebbels and Der Angriff", 1994, ISBN 978-0-8131-1848-2
  • Peter Stein: "Die NS-Gaupresse 1925-1933 Forschungsbericht - Quellenkritik - neue Bestandsaufnahme", 1987, ISBN 978-3-598-21299-4
  • Joseph Goebbels: "Der Angriff. Aufsätze aus der Kampfzeit" (Der Angriff - essays from the time of struggle), Munich, 1935. Reprint of the essays in book form. Scanned version online.

外部リンク[編集]