ヘルマン・エッサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘルマン・エッサー
Hermann Esser
Hermann Esser.jpg
生年月日 1900年7月29日
没年月日 (1981-02-07) 1981年2月7日(80歳没)
所属政党ドイツ独立社会民主党→)
国家社会主義ドイツ労働者党→)
大ドイツ民族共同体→)
Reichsadler Deutsches Reich (1935–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
称号 国家社会主義航空軍団中将
黄金ナチ党員バッジ
配偶者 テレーゼ・ダイニンガー
アンナ・バッヒャール

Reichsadler Deutsches Reich (1935–1945).svg国家社会主義ドイツ労働者党
宣伝部長
在任期間 1920年8月1日 - 1923年11月

Reichsadler Deutsches Reich (1935–1945).svg国家社会主義ドイツ労働者党
宣伝全国指導者
在任期間 1925年8月4日 - 1926年4月

選挙区 オーバーバイエルンシュヴァーベン
当選回数 4回
在任期間 1933年3月5日 - 1945年5月8日

内閣 ルートヴィヒ・ジーヴェルト内閣
在任期間 1933年4月12日 - 1935年3月14日

ナチス・ドイツの旗 国民啓蒙・宣伝省第三次官
在任期間 1939年1月27日 - 1945年5月

その他の職歴
ドイツ国の旗 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国会第二副議長
1933年12月12日 - 1945年5月8日
テンプレートを表示

ヘルマン・エッサーHermann Esser1900年7月29日 - 1981年2月7日)は、ドイツ政治家。党員番号は総統アドルフ・ヒトラーに次ぐ2番であった[1]。1920年から1926年まで国家社会主義ドイツ労働者党(以下ナチ党)の初代宣伝全国指導者(宣伝部長)を務め、後には国民啓蒙・宣伝省第3次官となった。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

ドイツ帝国領邦バイエルン王国首都ミュンヘン郊外のレールモースドイツ語版に公務員の息子として生まれる[2][3]

第一次世界大戦最後の一年に入隊して従軍した[2]。戦後は、国軍の分隊情報誌関係の仕事や[4]左翼系の地方紙でジャーナリストとして働き、過激な社会主義者として知られた[2]

初期の活動[編集]

はじめはドイツ独立社会民主党(USPD)のメンバーであり[3]、後にこの経歴が党内で非難された際は、自らもかつてはドイツ多数派社会民主党(MSPD)の支持者だったヒトラーは擁護している[5][6]。1919年11月頃ドイツ労働者党(DAP)に入党、党員番号520番(実質的には20番)を与えられている[7]ディートリヒ・エッカートエルンスト・レームとともに25カ条綱領の作成に大きな役割を果たす[8]。党機関紙『フェルキッシャー・ベオバハター』の初代編集長、党宣伝部長に任じられ、毒々しい反ユダヤ主義宣伝を行った[2]

エッサーは粗野な人物ではあったが、草創期のナチ党ではヒトラーよりも彼が一番の雄弁家として知られ、党がバイエルン州で支持を広げる事が出来たのはエッサーの弁舌によるところが大きいとされる[2]。ヒトラーとは「お前(Du)」と親密に呼び合う極少ない間柄だった[4]。そんなエッサーを彼は「首輪をつけておく必要のあるグレイハウンド」と評していた[9]

1923年11月9日から10日にかけてのミュンヘン一揆の際には病床にあったのをおして参加し、「ドイツ民族の宣言(Proklamation an das Deutsche volk)」と呼ばれる一揆の宣言を手がけたが[10]、一揆は失敗し、エッサーはマックス・アマンディートリヒ・エッカートエルンスト・ハンフシュテングルハインリヒ・ホフマンらとともにオーストリアザルツブルクへ逃れた[11]。1924年1月にドイツに帰国し、裁判の結果3か月の禁固刑の実刑判決を受けた[2]

禁止中の活動[編集]

ナチ党が禁止されている間、ユリウス・シュトライヒャーらとともに偽装政党「大ドイツ民族共同体」の中心として活躍し、他の残党による偽装政党よりも過激な反ユダヤ主義反資本主義反議会主義思想を露わにしていた[12][13]。エッサーとシュトライヒャーはエーリヒ・ルーデンドルフ将軍やドイツ民族自由党グレゴール・シュトラッサーを中心とする「国家社会主義自由運動」と対立した[14]

党再建後[編集]

ヒトラーは出獄後、ルーデンドルフやドイツ民族自由党と袂を分かち、1925年2月27日にナチ党の再結党宣言を行ったが、この際にエッサーやシュトライヒャー(党員番号17番[15])ら大ドイツ民族共同体メンバーは真っ先に駆けつけて最前列で迎え、エッサーはヒトラーに次ぐ2番の党員番号を手に入れた[16]。再建されたナチ党でも宣伝全国指導者に任じられた[3]

エッサーはシュトライヒャーとともに、褐色館におけるヒトラーに最も近い側近であり、北ドイツ・ナチ党指導者のグレゴール・シュトラッサーオットー・シュトラッサー兄弟、ヨーゼフ・ゲッベルスなどのナチス左派からは嫌われた。シュトラッサーはエッサーの宣伝活動や、シュトライヒャーの『シュトゥルマー』の記事について「恐るべき低水準」と批判した[17]。エッサーは暴力沙汰でしばしば逮捕されたり、多くの女性と関係を持ち、貢がせていることを公然と自慢するなど醜聞が絶えず、そういった面でも嫌われていた[18]。遂にはある実業家の娘への暴行事件を起こすに及んで、ヒトラーも彼と距離をとるようになった[7]。ゲッベルスは1926年5月8日付の日記に「ヒトラーはエッサーと手を切った。ありがたい。お偉方に交じっていた悪党が一匹減った。」などと書いている[19]。エッサーはシュトライヒャーとも対立するようになり、次第に党内で孤立していった[2]

1926年、ヒトラーはエッサーを宣伝全国指導者から解任し、北ドイツ・ナチ党の懐柔のためグレゴールを後任とした[20]。以降のエッサーは党内における影響力をほとんど失ったが、追放されたわけではなく、1926年から1932年にかけて党関連紙『イルストリーター・ベオバハター(Illustrierter Beobachter)』の編集を任され、また特定の集会では弁士として起用されていた[21][7]

ナチ党の議会進出に伴い、1929年にオーバーバイエルン群評議会議員、党本部を置く重要拠点ミュンヘンの市議会議員団長となる。1932年からはバイエルン州議会議員となった[21]

政権獲得後[編集]

ナチ党の政権獲得後、1933年3月の国会選挙でヒトラーと同じオーバーバイエルン=シュヴァーベンから国会議員に当選した。同年12月12日から国会第二副議長(議長はヘルマン・ゲーリング)に任じられた[21]。またバイエルン州議会議長にも就任し、州議会が廃止される1934年まで務めた。州国家代理官フランツ・フォン・エップの計らいで州経済相に任じられたが、1935年にはアドルフ・ヴァーグナーと対立して失脚した[21]

ベルリンの「観光の家」定礎式で演説するエッサー(1938年6月14日

1936年、全国観光委員会総裁に任命されたが、既に民間の観光団体は全て統制され、「全国観光連盟に関する法律」によってゲッベルス率いる国民啓蒙・宣伝省の管轄下におかれていた。1937年1月10日には、ヒトラー、ゲッベルス、オットー・ディートリヒフリッツ・トートアルベルト・シュペーアと共に「観光の家(Haus des Fremdenverkehrs)」の模型を観賞している[22]。1939年から国民啓蒙・宣伝省の第3次官(観光旅行局担当)に任命され、各地の観光団体を統率した[22]第二次世界大戦勃発後の最初の数年間も観光事業は行われ、観光旅行局が閉鎖される1944年9月まで、エッサーはナチズムに基づく観光政策を推し進めた[23]

1939年、ヒトラーは自身の50歳の誕生日にエッサーの妻に宛てたバースデーカードで「エッサーがならず者であることは分かっている、だが彼が有益である限り私は我慢するつもりだ」と記している[24]。また、毒々しい反ユダヤ主義の弁舌も衰えておらず、1939年には『ユダヤ人は世界のペスト菌(Die jüdische Weltpest)』を出版した[21]

一方で、政権の教育政策には批判的な発言を行っている。ヒトラーの愛人であるエヴァ・ブラウン1944年に書いた日記ドイツ語版によると、ミュンヘン大管区指導者パウル・ギースラー邸にて『我が闘争』の全文を暗記したという少年を前にエッサーは「この子ならサーカスで食っていける。戦争に勝った後ならね」と腐し、「いくらヒトラーユーゲントを育てても、『我が闘争』を暗記するだけじゃね。ゲーテのことも知らない若者では…」、「もし我々があんな子ばかり求めていたら、必ずや近い将来、強靭な精神と柔軟な思考を持つ自立心の強い人間はいなくなる。他人の意見や考えを受け売りする「オウム人間」ばかりになってしまう」などと語ったという[25][26]

戦後[編集]

敗戦後、アメリカ軍により逮捕されたが、1947年に釈放された。1949年に警察により逮捕され、非ナチ化法廷にかけられ、反ユダヤ主義を広めた罪により5年の懲役刑に処せられたが、健康上の理由により1952年に釈放された[21]1981年ディートラムスツェルドイツ語版にて死去。DAP時代からの古参ナチ党員の中では最も長生きした。

キャリア[編集]

階級[27][編集]

受章[28][編集]

参考文献[編集]

  • ヨーゼフ・ゲッベルス『ゲッベルスの日記』西城信訳、番町書房、1974年。
  • ジェフリー・プリダム(en)『ヒトラー・権力への道:ナチズムとバイエルン1923-1933年』垂水節子豊永泰子訳、時事通信社、1975年。
  • 桧山良昭『ナチス突撃隊』白金書房、1976年。
  • ロベルト・S・ヴィストリヒ(en)『ナチス時代 ドイツ人名事典』滝川義人訳、東洋書林、2002年。ISBN 978-4887215733
  • ジョン・トーランド『アドルフ・ヒトラー 上・下』永井淳訳、集英社、1979年。
    • ジョン・トーランド『アドルフ・ヒトラー 全4巻』永井淳訳、集英社文庫、1990年。
  • 大澤武男『ヒトラーの側近たち』ちくま新書、2011年。ISBN 978-4-480-06624-4
  • H・P・ブロイエル『ナチ・ドイツ 清潔な帝国』大島かおり訳、人文書院、1983年。ISBN 978-4409230046
  • アラン・バートレット『エヴァ・ブラウンの日記 ヒトラーとの8年の記録』深井照一学研M文庫 2002
  • ハイケ・B・ゲルテマーカー『ヒトラーに愛された女:真実のエヴァ・ブラウン』酒寄進一訳、東京創元者、2012年。ISBN 978-4-488-00382-1
  • Charles Hamilton (1996). LEADERS & PERSONALITIES OF THE THIRD REICH VOLUME1. R James Bender Publishing. ISBN 9780912138275. 
  • Michael D. Miller、Andreas Schulz (2012). Gauleiter: The Regional Leaders Of The Nazi Party And Their Deputies, 1925-1945 (Herbert Albrecht-H. Wilhelm Huttmann-Volume 1. R. James Bender Publishing. ISBN 1-932970-21-5. 

脚注[編集]

  1. ^ Peter Strachura: The Shaping of the Nazi State. 1978. S. 81.
  2. ^ a b c d e f g ヴィストリヒ『ナチス時代ドイツ人名事典』、2002年、p.27。
  3. ^ a b c プリダム『ヒトラー・権力への道:ナチズムとバイエルン1923-1933年』、1975年、p.60。
  4. ^ a b 大澤『ヒトラーの側近たち』、2011年、p.15。
  5. ^ Ralf Georg Reuth, Hitlers Judenhass. Klischee und Wirklichkeit, Piper, München /Zürich 2009
  6. ^ Josef Schüßlburner, Vergangenheitsbewältigung am Ersten Mai: Sozialdemokrat Adolf Hitler, 2009
  7. ^ a b c Hamilton『LEADERS & PERSONALITIES OF THE THIRD REICH VOLUME1』、1996年、p.266。
  8. ^ Andreas Dornheim: Röhms Mann fürs Ausland , 1998, S. 65f.
  9. ^ トーランド『アドルフ・ヒトラー 上巻』、1979年、p.126。
  10. ^ トーランド『アドルフ・ヒトラー 上巻』、1979年、p.181。
  11. ^ トーランド『アドルフ・ヒトラー 上巻』、1979年、p.196,209。
  12. ^ プリダム『ヒトラー・権力への道:ナチズムとバイエルン1923-1933年』、1975年、p.30-31。
  13. ^ ゲッベルス『ゲッベルスの日記』、1974年、p.303。
  14. ^ プリダム『ヒトラー・権力への道:ナチズムとバイエルン1923-1933年』、1975年、p.32-37。
  15. ^ Institut für Zeitgeschichte: Mecklenburg im Zweiten Weltkrieg. Die Tagungen des Gauleiters Friedrich Hildebrandt mit den NS-Führungsgremien des Gaues Mecklenburg 1939-1945. Eine Edition der Sitzungsprotokolle, 2009, S. 1074.
  16. ^ プリダム『ヒトラー・権力への道:ナチズムとバイエルン1923-1933年』、1975年、p.51。
  17. ^ 桧山『ナチス突撃隊』、1976年、p.97。
  18. ^ ブロイエル『ナチ・ドイツ 清潔な帝国』、1983年、p.162。
  19. ^ ゲッベルス『ゲッベルスの日記』、1974年、p.77。
  20. ^ 桧山『ナチス突撃隊』、1976年、p.101。
  21. ^ a b c d e f ヴィストリヒ『ナチス時代ドイツ人名事典』、2002年、p.28。
  22. ^ a b ゲルテマーカー『ヒトラーに愛された女:真実のエヴァ・ブラウン』、2012年、p.168。
  23. ^ ゲルテマーカー『ヒトラーに愛された女:真実のエヴァ・ブラウン』、2012年、p.169。
  24. ^ Mail Online article, 3 August 2011, about Hitler's 1939 birthday card for Esser's wife [1]
  25. ^ アラン・バートレット『エヴァ・ブラウンの日記 ヒトラーとの8年の記録』深井照一訳、学研M文庫、2002年2月15日、217-218頁。ISBN 4-05-901116-9
  26. ^ ヒトラーの「究極兵器」と「マインド・コントロール」の謎”. ナチス INDEX. 2013年3月14日閲覧。
  27. ^ Miller,p.158
  28. ^ Miller,p.170
党職
先代:
新設
ナチス・ドイツの旗 ナチ党宣伝全国指導者
初代:1920-1926
次代:
グレゴール・シュトラッサー