衆樹資宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
衆樹 資宏
Sukehiro Moroki 1956 Scan10009.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県藤沢市
生年月日 1934年4月19日
没年月日 (1999-06-25) 1999年6月25日(65歳没)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年3月30日
最終出場 1967年7月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

衆樹 資宏(もろき すけひろ[1][2]1934年4月19日 - 1999年6月25日)は、神奈川県出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

湘南高校では2年生の時、エースとして1951年春の選抜に出場。1回戦で長崎西高に0-1で惜敗[3]。1年上のチームメートに遊撃手佐々木信也がいた。翌1952年春季関東大会では準々決勝から3試合連続延長戦でサヨナラ勝ち、決勝で宇都宮高を降し優勝を飾る。同年夏の甲子園県予選でもエース、4番打者として決勝に進出するが、小坂佳隆らのいた法政二高に敗退[4]

卒業後は慶應義塾大学に入学し、野手転向。東京六大学野球リーグでは、1955年春季リーグで戦後初の三冠王となる。同年の第2回アジア野球選手権大会日本代表(東京六大学リーグ選抜チーム)に選出された。1956年度には主将を務め、同年秋季リーグでは1年下のエース林薫、2年生左腕の巽一を擁し4年ぶりの優勝を飾る。同季はシーズン最多タイとなる5本の三塁打(現在まで水原茂ら7人が記録)を放つ。リーグ通算75試合に出場し、252打数66安打、3本塁打、44打点、打率.262。ベストナイン(外野手)2回選出。大学同期に日野美澄、後にチームメートとなる中田昌宏がいる。

1957年毎日オリオンズに入団。1年目から「6番・中堅手」の定位置を得て、規定打席(26位、打率.221)にも達する。1958年7月8日には南海ホークスとの対戦で投手が払底し、7回にプロ唯一の登板を果たすが、1安打2四球で一死もとれず降板した。その後は打撃面で伸びず、1959年には田宮謙次郎の加入もあってレギュラーの地位を失う。

大毎時代は素行が悪く、1957年には深夜に泥酔してタクシー運転手に暴行し現行犯逮捕、[5]1959年には飲酒運転で安全地帯に衝突する事故を起こしている。[6]

1960年阪急ブレーブスに移籍。同年は開幕からクリーンアップとして起用され、8月末からは4番打者に定着、打率.288(ベストテン8位)の好記録を残す。以降も打線の中軸として1964年までレギュラーを守った。その後は死球禍の影響や膝の故障もあって低迷、1967年に南海ホークスに移籍し、同年限りで現役を引退した。

1962年の南海との開幕戦で、ジョー・スタンカからプレーボール本塁打を放った。この開幕戦初球先頭打者本塁打記録は、2007年高橋由伸巨人)が対横浜戦で記録するまで、45年の長きに渡り日本プロ野球での唯一の記録であった[7][8][9](1回裏の初球を含めると後年に広瀬叔功1963年)・山崎裕之1970年)・辰己涼介2021年)が記録している[10][11])。

同じ記録を作った高橋由伸とは、神奈川県内の高校から慶應義塾大学に進学し、大学で主将を務めて六大学野球では三冠王を記録、外野手としてプロ入りしているなどの共通点が多い。

現役中はオールスターゲームに2度出場。引退後は横浜市で喫茶店を経営。

1999年6月25日、肝硬変のため、横浜市神奈川区の病院で死去。65歳。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 毎日
大毎
122 425 385 32 85 7 4 7 121 38 10 11 5 4 29 1 2 85 4 .221 .279 .314 .593
1958 102 283 259 22 55 8 2 5 82 26 15 5 5 1 14 0 4 56 4 .212 .264 .317 .580
1959 69 128 118 11 29 2 2 2 41 11 3 2 0 0 10 0 0 23 1 .246 .305 .347 .652
1960 阪急 121 466 424 38 122 14 2 6 158 54 12 8 4 4 33 2 1 75 5 .288 .341 .373 .713
1961 127 488 451 41 119 21 3 4 158 47 11 8 2 2 32 0 1 60 3 .264 .314 .350 .664
1962 119 507 455 57 124 24 5 8 182 53 9 7 5 5 40 0 2 81 8 .273 .334 .400 .734
1963 140 542 503 56 128 17 2 10 179 47 13 11 3 4 32 1 0 51 12 .254 .299 .356 .655
1964 132 450 410 54 100 13 2 9 144 36 8 5 3 2 33 1 2 38 9 .244 .303 .351 .655
1965 26 43 39 2 6 1 1 0 9 0 0 0 0 0 3 0 1 7 3 .154 .233 .231 .463
1966 17 22 21 0 3 1 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .190 .333
1967 南海 16 24 22 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 8 0 .045 .087 .045 .132
通算:11年 991 3378 3087 314 772 108 23 51 1079 313 81 57 28 23 227 5 13 486 49 .250 .304 .350 .654
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1958 大毎 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 3 0.0 1 0 2 0 0 0 1 0 1 1 ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 3 0.0 1 0 2 0 0 0 1 0 1 1 ---- ----

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23(1957年 - 1959年)
  • 7(1960年 - 1966年)
  • 29(1967年)

脚注[編集]

  1. ^ 「プロ野球人名事典2001」森岡浩編著、日外アソシエーツ 2001年
  2. ^ 日本野球機構の個人年度別成績では「もろき もとひろ」と表記されている。
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  5. ^ 衆樹、銀座で“深夜戦” 運転手を殴り、築地署に留置 傷害 朝日新聞1957年5月12日
  6. ^ 衆樹選手がまた事故 酔って安全地帯に衝突 交通事故 朝日新聞1959年11月7日
  7. ^ 開幕初回表先頭打者初球本塁打打者は何人いるのか?
  8. ^ 【4月3日】2009年(平21) ついに新記録 三浦大輔 開幕戦7連敗 スポーツニッポン、2012年4月3日(2016年6月7日閲覧)。
  9. ^ “21年開幕の号砲は楽天・辰己の先頭打者弾 「打つ方向も決めていた」パ・リーグ51年ぶり”. スポーツニッポン. (2021年3月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/27/kiji/20210327s00001173149000c.html 202103-27閲覧。 
  10. ^ 開幕直後の“先頭打者弾”!プレイボール直後の“初球”に注目
  11. ^ “辰己、球団史上初の開幕戦初回先頭打者弾!石井楽天“初ものずくめ”の白星発進”. サンケイスポーツ. (2021年3月27日). https://www.sanspo.com/article/20210327-LJM3GXNAPBPBBOOBLS44T6XJS4/2/ 2021年3月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]