蓑茂寿太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

蓑茂 寿太郎(みのも としたろう、1950年2月23日 - )は日本の造園学者、農学者熊本県立大学理事長(初代)。農学博士。造園学・都市農村計画・環境計画・公園計画を専門としている。現在、東京農業大学名誉教授、公園財団理事長、熊本市都市政策研究所所長

来歴[編集]

東京農業大学を卒業し、これまでに東京農業大学地域環境科学部教授、造園科学科長、大学院農学研究科造園学専攻主任教授、副学長を歴任。その他に(社)日本造園学会会会長、(社)日本都市計画学会副会長、農村計画学会副会長を歴任。建設省都市計画中央審議会専門委員、国土交通省国家試験委員等を歴任。2006年から2012年まで熊本県立大学理事長(初代)に就任する。日本学術会議連携会員。登録ランドスケープアーキテクト(RLA)総合管理委員会初代委員長 として同制度の創設に尽力した。 日本都市計画学会論文奨励賞受賞、日本公園緑地協会北村賞受賞

1988年 東京農業大学 農学博士 論文の題は「都市公園の配置に関する計画学的研究」[1]

略歴[編集]

2012年4月1日一般財団法人・非営利型 公園財団理事長 この間、東京都立大学首都大学東京昭和女子大学早稲田大学芸術学校で非常勤講師を務める。

2016年4月 東京農業大学名誉教授

社会的活動 日本造園学会会長、日本都市計画学会副会長、都市環境デザイン会議、農村計画学会副会長、実践総合農学会常任理事等として活動のほか、東京都公園審議会、神奈川県都市計画審議会、港区都市計画審議会、世田谷区都市計画審議会、茅ヶ崎市景観審議会、熊本県観光審議会委員、都市緑化基金評議員等を務める。 社団法人日本公園緑地協会理事(2012年まで)、社団法人日本造園建設業協会理事、財団法人公園緑地管理財団(現公園財団)理事長、ランドスケープコンサルタンツ協会顧問、都市緑化技術開発機構学術顧問

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース脚注学位論文