田中正大 (造園学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 正大(たなか まさひろ[1]1926年7月5日[2]- )は、日本造園学者。東京農業大学名誉教授[3]農学博士京都大学)。

来歴[編集]

和歌山県に生まれる[4]。1949年に、京都大学農学部林学科を卒業する[4]

東京に移り、1950年1月に東京都世田谷区立富士中学校教諭となる。以後、世田谷区立八幡中学校(1954年5月)、 豊島区立大塚中学校(1961年4月)、 清瀬市立清瀬第二中学校(1971年4月)でそれぞれ教諭を務めた。 1973年から1978年まで、東京都「緑の監視員」となる。その傍ら、1976年から1978年まで「清瀬の自然を守る会」の副会長も務めた。

1978年4月、東京農業大学短期大学農業科教授に就任する。1981年4月から1983年まで、農業大学短期大学農業科科長となる。一方で1982年から1987年まで信州大学農学部非常勤講師(7月から翌3月の間で)も務めた。[5]

1995年に、東京農業大学を退職した[6]

賞歴[編集]

  • 1970年 日本造園学会賞。
  • 1983年 国立公園協会田村賞
  • 1995年日本公園緑地協会北村賞[7]
  • 平成10年度第17回日本造園学会上原敬二賞[8]

著書[編集]

  • 『桂離宮』(共著)岩崎書房、1959年
  • 『世界建築全集I - III』(共著)平凡社、1959年 - 1961年 
  • 『造園技術』(共著)誠文堂新光社、1961年
  • 『茶の建築と庭』(共著)、1962年
  • 『日本の造園』(共著)誠文堂新光社、1964年
  • 『Japanese Architecture and Garden』(共著)国際文化振興会、1965年
  • 『禅寺と石庭』<原色日本の美術第10巻> (共著)、小学館、1967年(再刊1980年・1990年・1994年)
  • 『日本の庭園』鹿島研究所出版会<SD選書23>、1967年
  • 『日本の美術15』(共著)小学館、1971年
  • 『日本の公園』鹿島研究所出版会<SD選書87>、1974年
  • 『造園技術大成』(共著)養賢堂、1978年
  • 『日本の自然公園 自然保護と風景保護』相模書房、1981年
  • 『日本の歴史と文化』(共著)養賢堂、1987年
  • 『東京の公園と原地形』けやき出版、2005年

脚注[編集]

  1. ^ 進士・丸山(2000)
  2. ^ 進士・丸山(2000)
  3. ^ 住まいと地域の持続可能性実態調査委員会報告書 ―住み続ける・住み繋ぐ住まいとまちの条件・町田市玉川学園地域の場合― (PDF) 』住総研(2014年3月、p.23を参照)
  4. ^ a b 田中正大/東京の公園と原地形 - Lineショッピング(「商品説明」を参照)
  5. ^ 上記2段落の出典は、進士・丸山(2000)
  6. ^ 進士・丸山(2000)
  7. ^ 北村賞受賞者一覧 (PDF) - 日本公園緑地協会(2019年12月)
  8. ^ 上原敬二賞受賞者 - 日本造園学会

参考文献[編集]

  • 進士五十八・丸山宏「上原敬二賞受賞者に聞く 田中正大先生」『ランドスケープ研究』第64巻1号、日本造園学会、2000年8月、pp.65 - 68