藤井英二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤井英二郎(ふじい えいじろう、1951年3月13日[1] - )は、千葉大学名誉教授[2][3]。日本庭園学会会長など歴任。千葉大学園芸学部緑地・環境学科環境植物学講座環境植栽学研究室を主宰していた。専門は造園学、環境植栽学。一般社団 法人日本造園建設業協会全国造園デザインコンクール審査員など[4]

経歴等は[1][5]参照。著書は[1]にあるものの他、『街路樹が都市をつくる――東京五輪マラソンコースを歩いて』『続・街路樹が都市をつくる――東京五輪マラソンコースを歩いて』(岩波書店刊行)など。 「農村空間の構造と特性に関する緑地学的研究」で日本造園学会賞受賞。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 藤井英二郎”. www.h.chiba-u.jp. 2020年5月7日閲覧。
  2. ^ 講演会報告 藤井英二郎先生 - ネクスコ東日本エンジニアリング
  3. ^ 『2020 東京を契機にした 街路樹管理の刷新:抑制から樹冠拡大へ』
  4. ^ 日造協ニュース 2015.3月号”. 一般社団法人日本造園建設業協会. 2020年5月7日閲覧。
  5. ^ 『お話会 街路樹をいかすまちづくり by 藤井英二郎さん』” (日本語). jasmin cafe の水の星通信. 2020年5月7日閲覧。