尼崎博正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尼崎 博正(あまさき ひろまさ、1946年1月21日 - )は、日本造園学者作庭家京都造形芸術大学教授兵庫県生まれ。1968年京都大学農学部卒業。1992年、日本造園学会賞受賞(設計作品部門)。同年「古庭園の石質と水系に関する研究」で京都大学農学博士京都芸術短期大学教授、学長、京都造形芸術大学副学長、同教授。日本庭園研究センター所長。

文化庁文化審議会文化財分科会第三専門調査会名勝委員会委員、日本造園アカデミー会議副議長、史迹美術同攷会会長などを務める。

著書[編集]

  • 『石と水の意匠 植治の造園技法』田畑みなお撮影.淡交社、1992
  • 『図説・茶庭のしくみ 歴史と構造の基礎知識』淡交社、2002
  • 『庭石と水の由来 日本庭園の石質と水系』昭和堂、2002
  • 『市中の山居 尼崎博正作庭集』淡交社、2006
  • 『七代目小川治兵衛 山紫水明の都にかへさねば』ミネルヴァ書房、2012.ミネルヴァ日本評伝選

共編・監修[編集]

  • 『植治の庭 小川治兵衛の世界』編 田畑みなお撮影.淡交社、1990
  • 都ホテル葵殿庭園及び佳水園庭園』共編 都ホテル、1994
  • 『庭園史をあるく 日本・ヨーロッパ編』武居二郎共監修 昭和堂、1998
  • 『風景をつくる 現代の造園と伝統的日本庭園』中村一共著.昭和堂、2001
  • 『造園史論集』白幡洋三郎共編.養賢堂、2006
  • 對龍山荘 植治と島藤の技』監修.淡交社、2007
  • 『すぐわかる日本庭園の見かた』仲隆裕、今江秀史、町田香執筆(監修)東京美術、2009

参考[編集]

  • 市中の山居―尼崎博正作庭集 - 紀伊國屋書店BookWeb
  • NAID 110004661606