本間一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本間 一夫(ほんま かずお、 1915年10月7日 - 2003年8月1日)は、日本点字図書館の創立者。点字図書録音図書の製作と貸出を主とする図書館事業に取り組み、視覚障害者の読書環境向上に貢献した。

来歴[編集]

1915年(大正4年)、北海道増毛町の商家丸一本間家に生まれる[1]。1920年(大正9年)、脳膜炎にかかり視力を失う[2]。1929年(昭和4年)、函館盲唖院に3年生として入学。点字を知る[2]琵琶の稽古を始める。1932年(昭和7年)、北海道弁論大会で2位を取る。演題は「明日の希望に生きよ」[3]。1933年(昭和8年)、函館の組合教会で岩橋武夫の講演を聴く。東北・北海道弁論大会で1位を取る。演題は「聞け黎明に高鳴る響きよ」[3]。1934年(昭和9年)、メソジスト教会で熊谷鉄太郎の講演を聴き握手する[4]。1935年(昭和10年)、函館盲唖院中等部を卒業。

1936年(昭和11年)、中村京太郎に会う[4]。1937年(昭和12年)、関西学院長ベーツの司式により受洗する[5]。1939年(昭和14年)、関西学院文学部専門部英文科を卒業。東京の「陽光会」に勤務し「点字倶楽部」の編集に当たる[6]。1940年(昭和15年)、豊島区雑司が谷点字図書館を創立し、「日本盲人図書館」と命名[6]

1941年(昭和16年)、新宿区高田馬場に図書館と住居を移転[7]。1943年(昭和18年)、吉祥寺教会で藤林喜代子と結婚[7]。1944年(昭和19年)、茨城県結城郡総上村に疎開[8]。1945年(昭和20年)、北海道増毛町に再度疎開[8]

1948年(昭和23年)、高田馬場に住宅を再建し、「日本点字図書館」と改名し再出発する[9]NHK朝のラジオ「私たちの言葉」で「点訳奉仕を世に訴える」と題して話し反響を呼ぶ[10]。東京本郷富士見町教会ヘレン・ケラーと会い握手する[10]。1964年(昭和39年)、加藤善徳と欧米視察旅行へ行く[10]。ニューヨークで開催された、第3回世界盲人福祉会議に出席[11]。ロンドンの点字図書館、ルイ・ブライユの生家などを訪問し、盲人用具150点を収集して帰国[10]。1966年(昭和41年)、NHKラジオ「人生読本」に出演[10]。1969年(昭和44年)、ニューデリーで開催された第4回世界盲人福祉会議に出席し講演する[10]。1970年(昭和45年)、韓国の盲教育大会で講演する[10]。1978年(昭和53年)、日本点字図書館理事長に就任[10]

1986年(昭和61年)、「わたしの青春ノート」に出演。1991年(平成3年)、「点字毎日」に「我が人生 日本点字図書館」を連載する(3月から6月まで)[10]。1995年(平成7年)、母校の北海道函館盲学校創立100周年に招かれ記念講演をする[10]。1996年(平成8年)、「点字毎日」に「忘れえぬ事ども」を連載する(1月から翌年3月まで)[10]。2003年(平成15年)、心不全のため死去。享年87[12]

没後、日本点字図書館により本間一夫文化賞が設けられた[13]

受賞歴[編集]

著書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 8.
  2. ^ a b 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 9.
  3. ^ a b 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 11.
  4. ^ a b 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 12.
  5. ^ 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 13.
  6. ^ a b 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 14.
  7. ^ a b 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 15.
  8. ^ a b 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 16.
  9. ^ 本間一夫と日本盲人図書館 2015, p. 17.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 谷合侑「本間一夫略年譜」『我が人生「日本点字図書館」』日本図書センター、2001年、pp.199-208
  11. ^ 金治、p.113
  12. ^ 金治、p.122
  13. ^ 本間一夫文化賞|日本点字図書館
  14. ^ 金治、p.108
  15. ^ 本間一夫とは - コトバンク(2021年8月18日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]