蒔田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蒔田駅
1番出入口(2007年6月3日)
1番出入口(2007年6月3日)
まいた - Maita
B12 弘明寺 (1.1km)
(1.1km) 吉野町 B14
所在地 横浜市南区宮元町三丁目46
駅番号 B13
所属事業者 横浜市交通局横浜市営地下鉄
所属路線 ブルーライン(1号線)
キロ程 16.5km(湘南台起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
11,367人/日(降車客含まず)
-2014年-
乗降人員
-統計年度-
22,553人/日
-2014年-
開業年月日 1972年昭和47年)12月16日
ホーム(2008年3月28日)

蒔田駅(まいたえき)は、神奈川県横浜市南区宮元町三丁目にある、横浜市交通局横浜市営地下鉄ブルーライン(1号線)である。駅番号B131968年に廃止された、横浜市電の宮元町三丁目電停と同じ場所にある。

南区総合庁舎(南区役所)の最寄り駅である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅改札階は地下1階、ホーム階は地下2階にある。2007年6月23日ホームドアの使用を開始した。2009年4月4日よりホーム階と改札階を結ぶエレベーター及び多目的トイレなどのバリアフリー設備の運用が開始された他、リニューアルに伴い、ホーム階においてはグリーンラインと共通デザインの駅名サインも導入された。

地上と改札階を結ぶバリアフリー施設については、駅上の鎌倉街道沿いに建物が並んでおり、用地の取得に難航しているため、40年間未設置の状態が続いていたが、鎌倉街道の1本南側の道路に建設されたマンションの直下に3番出入口とエスカレーター・改札口、及び2番出入口の西側にエレベーターをそれぞれ新設する工事を行い、2012年3月31日に完成した[1]。これにより、ブルーライン全32駅へのエレベーター設置が完了した。

ホーム 路線 行先
蒔田駅プラットホーム
1 ブルーライン 上大岡湘南台方面
2 横浜あざみ野方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で記載している。
ベンチと水飲み場。柳宗理デザイン。現在は撤去されている(2007年12月16日)。


利用状況[編集]

1日あたり乗車人員の推移

2014年度の1日平均乗降人員は22,553人であった。近年の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[3]
1979年(昭和54年) 10,003
1980年(昭和55年) 10,478
1981年(昭和56年) 10,197
1982年(昭和57年) 10,222
1983年(昭和58年) 10,751
1984年(昭和59年) 11,770
1985年(昭和60年) 13,523
1986年(昭和61年) 13,208
1987年(昭和62年) 13,705
1988年(昭和63年) 14,455
1989年(平成元年) 14,613
1990年(平成02年) 14,382
1991年(平成03年) 14,281
1992年(平成04年) 14,004
1993年(平成05年) 14,057
1994年(平成06年) 13,799
1995年(平成07年) 13,367
1996年(平成08年) 13,424
1997年(平成09年) 13,385
1998年(平成10年) 13,299
1999年(平成11年) 26,036 13,009
2000年(平成12年) 25,243 12,914
2001年(平成13年) 23,963 13,075
2002年(平成14年) 27,587 12,870
2003年(平成15年) 26,344 12,692
2004年(平成16年) 24,003 12,319
2005年(平成17年) 22,769 12,213
2006年(平成18年) 23,027 11,965
2007年(平成19年) 22,862 11,600
2008年(平成20年) 22,142 11,215
2009年(平成21年) 22,551 11,389
2010年(平成22年) 21,795 10,999
2011年(平成23年) 21,362 10,773
2012年(平成24年) 22,499 11,348
2013年(平成25年) 22,324 11,263
2014年(平成26年) 22,553 11,367

駅周辺[編集]

この付近は横浜市内でも人口密度の高い地域で、駅からいずれの方向へ進んでも住宅地が続く。近くの商店街は、蒔田商店街、蒔田東通り商栄会、やや離れて中村橋商店街などがあるが、いずれも規模は小さい。駅周辺には飲食店(喫茶店・立ち飲み屋・蕎麦屋など)が点在している。

地元では有名な新興宗教団体である大山祇命神示教会の本拠地があり、休日にはその信者が大勢この地を訪れるため、駅及び周辺は大変混雑する。

路線バス[編集]

最寄りの停留所は蒔田駅前で、以下の路線が乗り入れ、横浜市交通局神奈川中央交通江ノ電バス横浜によって運行している。

  • 東方向乗り場
    • 〔2〕みなと赤十字病院行(羽衣町・山下町経由)(市営)
    • 〔60〕磯子駅前行(南区役所前経由)(神奈中)
    • 〔79〕日本大通り駅県庁前・関内駅北口行(羽衣町経由)(市営)
    • 〔206〕東戸塚駅東口行(南区役所前経由)(神奈中) ※平日のみ
    • 〔船20〕桜木町駅前行(羽衣町・馬車道駅前経由)(神奈中)
    • 〔港61〕横浜駅行(羽衣町・馬車道駅前経由)(神奈中)
    • 〔横浜線・栗木線〕横浜駅行(日ノ出町一丁目経由)(江ノ電)
  • 北方向乗り場
    • 〔11〕保土ヶ谷駅東口行(井土ヶ谷駅前経由)(神奈中)
  • 西方向乗り場
    • 〔2〕港南車庫前行(上大岡駅経由)(市営)
    • 〔79〕平和台折返場行(井土ヶ谷駅前経由)(市営)
    • 〔船20〕大船駅行(上大岡駅経由)(神奈中)
    • 〔港61〕港南台駅行(上大岡駅経由)(神奈中)
    • 〔横浜線〕大船駅行(上大岡駅経由)(江ノ電)
    • 〔栗木線〕栗木行(上大岡駅経由)(江ノ電)
  • 南方向乗り場
    • 〔11〕桜木町駅前行(港の見える丘公園経由)(神奈中)

歴史[編集]

  • 3月31日 - 3番出入口と改札口、及び出入口と改札口を結ぶエスカレーター・エレベーターの供用を開始。
  • 4月10日 - docomo Wi-Fiによる、無線LANサービス開始

駅名の由来[編集]

駅所在地の古来の地名「蒔田町」から採ったもの。『更級日記』の文中にある武蔵国の「あすだ河」が大岡川であるとされ、「あすだ」が「明田」に転化して、さらに「まいた」に転訛し「蒔田」の字を当てたとされている。

隣の駅[編集]

横浜市営地下鉄
ブルーライン(1号線)
普通
弘明寺駅 (B12) - 蒔田駅 (B13) - 吉野町駅 (B14)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]