舞岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
舞岡駅
舞岡駅1番出入口(2007年1月撮影)
舞岡駅1番出入口(2007年1月撮影)
まいおか
Maioka
B06 戸塚 (1.6km)
(0.7km) 下永谷 B08
所在地 横浜市戸塚区舞岡町771
駅番号 B07
所属事業者 横浜市交通局横浜市営地下鉄
所属路線 ブルーライン(1号線)
キロ程 9.0km(湘南台起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,774人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
5,419人/日
-2017年-
開業年月日 1985年(昭和60年)3月14日
備考 業務委託駅京王設備サービス[1]
テンプレートを表示

舞岡駅(まいおかえき)は、神奈川県横浜市戸塚区舞岡町にある、横浜市営地下鉄ブルーライン(1号線)のである。駅番号B07

歴史[編集]

開業日の舞岡駅

舞岡・戸塚間および戸塚駅における難工事のため、上永谷駅から舞岡駅までが先行して開業した。舞岡駅から戸塚駅までが開業するまでの2年間、当駅は終着駅とされたが、折り返し設備を設けることはできず、上永谷駅から当駅までを単線折り返し運転として対処された。

駅名の由来[編集]

地名から採られた。「舞岡」の由来は諸説あり、かつては「前岡」だったとの説もある。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。2007年(平成19年)にホームドアの使用を開始した。

地下2階建ての構造で、地下2階にホーム、地下1階に改札口とコンコースが作られている。地上へは南側に1番出入口、北側に2番出入口が設けられ、地上の市道を挟んで向かい合う。1番出入口は階段のみの造りとなっているが、2番出入口は階段に加えエレベーターも設けられている。自動券売機自動改札を設置。

のりば[編集]

ホーム 路線 行先
1 B ブルーライン 戸塚湘南台方面
2 横浜あざみ野方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で記載している。

利用状況[編集]

1日あたり乗車人員の推移

2017年度の乗降人員は5,419人で、横浜市営地下鉄全線(ブルーラインおよびグリーンライン)で最も少ない。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
[備考 1] 1984年(昭和59年) 1,944
1985年(昭和60年) 1,603
1986年(昭和61年) 1,982
1987年(昭和62年) 2,043
1988年(昭和63年) 2,104
1989年(平成元年) 2,136
1990年(平成02年) 2,088
1991年(平成03年) 1,916
1992年(平成04年) 1,674
1993年(平成05年) 1,702
1994年(平成06年) 1,646
1995年(平成07年) 1,579 [統計 2]
1996年(平成08年) 1,591
1997年(平成09年) 1,595
1998年(平成10年) 1,613 [* 1]
1999年(平成11年) 3,362 1,693 [* 2]
2000年(平成12年) 3,674 1,804 [* 2]
2001年(平成13年) 4,025 1,917 [* 3]
2002年(平成14年) 3,937 1,978 [* 4]
2003年(平成15年) 3,900 1,910 [* 5]
2004年(平成16年) 3,822 1,918 [* 6]
2005年(平成17年) 3,898 1,897 [* 7]
2006年(平成18年) 4,103 2,024 [* 8]
2007年(平成19年) 4,041 2,105 [* 9]
2008年(平成20年) 4,445 2,302 [* 10]
2009年(平成21年) 4,649 2,397 [* 11]
2010年(平成22年) 4,827 2,486 [* 12]
2011年(平成23年) 4,807 2,467 [* 13]
2012年(平成24年) 4,817 2,472 [* 14]
2013年(平成25年) 5,024 2,573 [* 15]
2014年(平成26年) 4,982 2,554 [* 16]
2015年(平成27年) 5,438 2,787 [* 17]
2016年(平成28年) 5,548 2,846
2017年(平成29年) 5,419 2,774
備考
  1. ^ 1985年3月14日開業で18日間のデータ

駅周辺[編集]

駅は南北に走る舞岡川と市営地下鉄の交差部付近に所在する。駅から地上に出ると、すぐ西側に道岐橋の交叉点があり、江ノ電バス横浜の道岐橋バス停が駅前に置かれる。道岐橋は交叉点西側で舞岡川に架かる橋の名前である。駅南の舞岡川は自然の雰囲気を損なわないような整備がなされており、そのままたどって行くと1キロ程度で舞岡公園に至る。舞岡地区が横浜市の市街化調整区域に指定されているため、周辺には住宅地のほか、水田や山林も多い。

公共施設等

駅周辺に商業施設がほとんど存在しなかったが、2016年にファミリーマート横浜舞岡町店が開店した。

路線バス[編集]

江ノ電バス横浜の道岐橋バス停が駅前に置かれ、京急ニュータウン行き、戸塚駅行、舞岡台循環の路線バスが発着する。なお、神奈川中央交通舞岡営業所(戸塚駅からの舞岡行バスの終点)の最寄り駅であるが、北へ徒歩10分程を要する。

隣の駅[編集]

Yokohama Municipal Subway Logo.svg 横浜市営地下鉄
B ブルーライン(1号線)
快速
通過
普通
戸塚駅 (B06) - 舞岡駅 (B07) - 下永谷駅 (B08)

参考文献[編集]

  • 横浜市交通局『横浜市高速鉄道建設史』、横浜市交通局、1987年
  • 横浜市交通局高速鉄道建設部計画課『横浜市高速鉄道建設史II』、横浜市交通局高速鉄道建設部計画課、2004年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ■交通局 大貫 憲夫議員 - 日本共産党 横浜市会議員団

出典[編集]

横浜市営地下鉄の統計データ
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 平成12年 - 228ページ
  2. ^ a b 平成13年 (PDF) - 230ページ
  3. ^ 平成14年 (PDF) - 228ページ
  4. ^ 平成15年 (PDF) - 228ページ
  5. ^ 平成16年 (PDF) - 228ページ
  6. ^ 平成17年 (PDF) - 230ページ
  7. ^ 平成18年 (PDF) - 230ページ
  8. ^ 平成19年 (PDF) - 232ページ
  9. ^ 平成20年 (PDF) - 236ページ
  10. ^ 平成21年 (PDF) - 246ページ
  11. ^ 平成22年 (PDF) - 244ページ
  12. ^ 平成23年 (PDF) - 244ページ
  13. ^ 平成24年 (PDF) - 240ページ
  14. ^ 平成25年 (PDF) - 242ページ
  15. ^ 平成26年 (PDF) - 244ページ
  16. ^ 平成27年 (PDF) - 244ページ
  17. ^ 平成28年 (PDF) - 252ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]