美保関灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美保関燈台から転送)
移動先: 案内検索
美保関灯台
Mihonoseki Lighthouse.jpg
美保関灯台の位置(島根県内)
美保関灯台
航路標識番号 0848 [F7316]
位置 北緯35度34分03秒 東経133度19分31秒 / 北緯35.56750度 東経133.32528度 / 35.56750; 133.32528座標: 北緯35度34分03秒 東経133度19分31秒 / 北緯35.56750度 東経133.32528度 / 35.56750; 133.32528
所在地 島根県松江市美保関町
美保関字大平
塗色・構造 白色、塔形(円形)、石造
灯質 単閃白光 毎12秒に1閃光
実効光度 490,000 cd
光達距離 23.5海里(約44km)
明弧 115度 - 52度
塔高 14.0 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 82.91 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1898年(明治31年)11月8日
管轄 海上保安庁
第八管区海上保安本部
境海上保安部

美保関灯台(みほのせきとうだい)は、山陰最古の石造灯台1898年明治31年)、島根半島の東端 地蔵崎馬着山に、フランス人の指導により建設された。

世界灯台100選」および「日本の灯台50選」に選ばれている日本を代表する灯台の一つで、その歴史的文化財的価値が高さから、Aランクの保存灯台に指定され、灯台として初の登録有形文化財に登録された。

歴史[編集]

  • 1898年明治31)11月8日に、フランス人技師により設計、片江の石工寺本常太郎によって施工されて、初点灯したが、当時は第1等灯台で、光度は6万7500カンデラ。当初は、地蔵崎灯台と呼ばれ、山陰では、最初に建てられた灯台だった。
  • 1922年大正11)に光源が電化される。
  • 1935年昭和10)に美保関燈台と改名。
  • 1954年(昭和29)に第1等レンズを変更して、LB-90型灯器になる。
  • 1962年(昭和37)に無人化。
  • 1993年平成5)に最新設備に改良し、メタルハライド電球を使用するLB-M60型灯器となる。
  • 1998年(平成10)に「世界各国の歴史的に特に重要な灯台100選(世界灯台100選)」に選ばれた。
  • 2007年(平成19)国の登録有形文化財となる。灯台のほか、石塀、旧吏員退息所主屋・倉庫・便所・石塀も登録有形文化財に登録された。
  • 2009年(平成21)2月6日近代化産業遺産に選定される。

灯台周辺[編集]

  • 灯台横の旧吏員退息所の建物は現在、美保関灯台ビュッフェという飲食店に改装され活用されている。
  • 1930年与謝野鉄幹晶子夫妻が地蔵埼を訪れており、夫妻が残した歌が灯台施設前の石碑に記されている。

ギャラリー[編集]

交通[編集]

  • JR山陰本線松江駅から一畑バス(美保関行き)で40分、美保関ターミナル下車、町営バス乗り換え(美保関線)40分、美保神社入口下車、タクシーで約5分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]