競艇場前駅 (広島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
競艇場前駅
広電宮島口方面ホーム
広電宮島口方面ホーム
きょうていじょうまえ
Kyoteijo-mae
M38 広電阿品 (1.3km)
(0.2km) 広電宮島口 M39
所在地 広島県廿日市市宮島口一丁目60番地先[1]
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宮島線
キロ程 15.9km(広電西広島起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1954年(昭和29年)10月31日[2]
備考 宮島競艇開催中のみ臨時停車する臨時駅
テンプレートを表示

競艇場前駅(きょうていじょうまええき)は、広島県廿日市市宮島口一丁目にある広島電鉄宮島線

概要[編集]

宮島競艇場の最寄り駅で、宮島競艇開催日のみ利用できる臨時駅である[3]。ただ宮島競艇は場外発売も含めると1週間に5日程度(年間300日程度[2])開催されているため駅の開設頻度は高く、「開設日が少なく、利用の機会が限られる」というイメージの臨時駅にあっては容易に利用できる[3]上り列車の案内放送にはこの駅は含まれておらず、営業日は車掌が「次は臨時停車の宮島競艇場前です」と放送しているが、下り列車の場合は自動案内放送に追加されている。非営業日は放送を送ることにより競艇場前の案内は流されない[要出典]

臨時駅であることから、広電全線で導入されている駅ナンバリングの対象から外れている。

歴史[編集]

宮島競艇場は1954年(昭和29年)11月に設立された競艇場である[4]。当駅は競艇場が開設される直前、同年10月31日に開業している[2][3]

駅構造[編集]

広電西広島駅方面ホーム

競艇場前駅はホームが地面に接して置かれる地上駅という形態をとり、2面あるホームは2本の線路を挟み込むように配置されている[2]。ただし互いのホーム位置は斜向かいにずれていて、路線の起点から見て手前に広電西広島駅方面へ向かう上りホーム、奥に広電宮島口駅方面へ向かう下りホームがある[2][5]。上りホームの宮島口方と下りホームの西広島方の間には踏切がある。

上りホームには屋根とベンチが備え付けられ[3]、電車接近表示器および構内踏切が設けられている。構内踏切は営業時間外には動作せず、遮断機が下りたままとなる。対して、下りホームには屋根やベンチの類は設置されていない[3]。両ホームとも、かつて宮島線内で運行されていた鉄道車両専用の高床ホームが残されていて、床の位置が高くなっている箇所がある[2][5]

駅周辺[編集]

駅は宮島競艇場の正門前に位置する[3]。宮島線の終点で当駅の隣駅である広電宮島口駅は200メートルしか離れておらず、至近に位置する西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線宮島口駅も徒歩圏内にある[3]

隣の駅[編集]

広島電鉄
宮島線
広電阿品駅 (M38) - 競艇場前駅 - 広電宮島口駅 (M39)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線・電停ガイド - 宮島線”. 広島電鉄. 2015年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、17・89頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  3. ^ a b c d e f g 西崎さいき 『珍駅巡礼 2』 イカロス出版〈イカロスMOOK〉、2013年、71頁。ISBN 978-4-86320-679-3
  4. ^ 『広島県大百科事典』下巻、中国新聞社1982年、624頁。
  5. ^ a b 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、118-121頁。ISBN 978-4-7942-1711-0

関連項目[編集]