神谷哲史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神谷哲史(かみや さとし、1981年6月6日 - )は日本の折り紙作家。愛知県名古屋市出身。3歳から独学で折り紙を始め、独自の創作は小学2年生から始める。「季刊をる」1994年冬号掲載時は、当時中学1年生にしてとても高度な作品を折り上げており、「ものを作り上げていくのが好きなんです。」と語っている。現在では日本を代表する折り紙作家の一人である。

非常に長い手順、複雑な技巧を凝らした昆虫動物、架空の生物などの作品を得意とし、その作風は超複雑系(スーパーコンプレックス)と言われる。特にをモチーフとした一連の作品は代表作であり、ザ・ベストハウス123では「神龍」がベスト1に輝いている。ほか、出典は特に明記されてはいないが、テレビゲーム「ファイナルファンタジーシリーズ」に登場する召喚獣などに材を取ったと思われる作品も多い。テレビ東京系「テレビチャンピオン」の「折紙王選手権」では、第三回の優勝以降、現在5連覇中である。

「神龍」は約3年半の日数をかけて制作され、その精巧さから100万円の値段がつけられた[1]

なお、テレビチャンピオンで優勝した際、その番組の中で彼自身が作り上げた「エンシェントドラゴン」が江戸川競艇場に展示されている。

代表作[編集]

「神谷哲史作品集」収録[編集]

「神谷哲史作品集2」収録[編集]

「神谷哲史折り紙作品集3」収録[編集]

その他[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京新聞 2011年12月6日 [1]

外部リンク[編集]