百万本のバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百万本のバラ
アーラ・プガチョワシングル
リリース
規格 SPレコード
録音 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ジャンル 歌謡曲
レーベル メロジヤ
テンプレートを表示

百万本のバラ」(ひゃくまんぼんのバラ、ロシア語: Миллион розミリオーン・ロース)は、ラトビア歌謡曲Dāvāja Māriņa』(ダーヴァーヤ・マーリニャ)を原曲とするロシア語歌謡曲である。ソビエト連邦の歌手アーラ・プガチョワ (ロシア語版の持ち歌として知られる。日本では加藤登紀子による日本語版でも知られる。本項では原曲『Dāvāja Māriņa』についても併せて記載する。

ラトビア語版原曲[編集]

「百万本のバラ」の原曲は、1981年にラトビアの放送局「ミクロフォンス (Mikrofons)」が主催する歌謡コンテスト「ミクロフォナ・アプタウヤラトビア語版英語版ロシア語版 」に出場した『Dāvāja Māriņa(マーラは与えた)[1]』というラトビア語の歌謡曲である[2]。作曲はライモンズ・パウルスラトビア語版英語版ロシア語版、作詞はレオンス・ブリアディスラトビア語版英語版ルーマニア語版 [3] による[4]。このコンテストにおいて、アイヤ・ククレラトビア語版英語版ロシア語版と、終盤の少女のパートを担当するリーガ・クレイツベルガ (Līga Kreicberga)(当時9歳)の2人によって歌唱された『Dāvāja Māriņa』は、優勝した[5]

歌詞の内容は、後述のロシア語版やその内容を踏襲した日本語版とはまったく異なり、大国にその運命を翻弄されてきたラトビアの苦難を暗示するものだった[4]

ラトビアのラップ歌手のオゾルスラトビア語版リトアニア語版は、本作をラップミュージックに編集して歌唱している[6][7]

ロシア語版[編集]

アーラ・プガチョワの歌唱で知られるロシア語版の作詞は、アンドレイ・ヴォズネセンスキー(ロシア語版によるものである。1982年メロジヤから33回転シングル盤として発売された。多くのテレビ番組やラジオ番組で取り上げられ、ソビエト連邦の崩壊まで長きにわたって絶大な人気を博した。1983年には日本でもLP盤としてビクターよりリリースされ、1988年には同じくビクターよりCDがリリースされた。

歌詞の内容はグルジア(現:ジョージア)の画家ニコ・ピロスマニがマルガリータという名の女優に恋したという逸話に基づいている[8]。ラトビアの作曲家が書いた曲に、ロシアの詩人がグルジアの画家のロマンスを元に詞をつけ、モスクワ生まれの美人歌手が歌うという、多様な民族の芸術家が絡んでいる点で、ソ連ならではの歌とも言える。

このロマンスの真実性については諸説ある。ピロスマニはマルガリータをモデルとしたといわれる作品を何枚か残しており、グルジア(ジョージア)の首都トビリシの国立美術館で『女優マルガリータ』を観ることができる[8]1969年パリでピロスマニの個展が開催された際にはマルガリータ本人と目される女性が現れたと伝えられる。一方、1975年にピロスマニについての研究書を著したエラスト・クズネツォフはこの著作の中でマルガリータの実在性に強い疑問を呈していた[4]

山之内重美2002年の著作において、ピロスマニにマルガリータという名の恋人がいたことは確からしいとしつつ、彼女がバラの花を愛した、とか、画家が大量の真紅のバラを贈った、といったエピソードはヴォズネセンスキーの創作だとしている[9]2007年にはロシアの文化テレビ局が放送したピロスマニについてのドキュメンタリー番組でパリでの個展の際の出来事が紹介された[4]

なお、ラトビア語版原曲同様にラップ・ミュージシャンによるカバーがある。ロシアのシンガーソングライターでラップ歌手のイーゴル・クリードロシア語版英語版によるものであり、タイトルこそ“Миллион алых роз”であり、悲劇的なロマンスを描くものではあるものの、ピロスマニのエピソードを描くものではない[10]
前述のオゾルスによるものは本曲の伴奏をバックに原曲歌詞にインスパイアされたラトビア語による自作のラップを重ねて終始叫び続ける構成であるのに対して、イーゴル・クリードの楽曲ではサビの部分はロシア語歌詞をイーゴル自身が歌唱しており、全編ロシア語によるラップ・語り・歌唱による構成であるがその内容は、大国の支配に翻弄されるラトビアの苦難を体勢に抗うレジスタンスの悲哀に映して描くようなもので、楽曲全体のムードともどもラトビア語版原曲を彷彿とさせるものである。

日本語によるカバー[編集]

日本語版は、加藤登紀子の訳詞および歌唱にて1987年シングル盤として発表されたバージョンが著名である。

加藤の「百万本のバラ」は元々1986年9月25日発売のオリジナルアルバム『MY STORY/時には昔の話を』収録曲だったが、問い合わせが相次ぎ1987年4月25日にシングル発売された。その後この曲は口コミで広まり、シングル発売から2年ほど後に100万枚を突破した[11]。以下、ラトビア語版原曲訳、次いでロシア語版訳の順に、当該詞章による歌唱が初めての音源発売ないしはライブで披露されたものの早い順に記載する。

ラトビア語版原曲に基づく訳詞[編集]

  • 小田陽子 - ラトビア文学者の黒澤歩と小田陽子による共訳。タイトルは「マーラが与えた人生」(2006年 、アルバム「ROMANCER」に収録)。

ロシア語版に基づく訳詞[編集]

  • 渡辺えりによる訳詞
    • 渡辺えり(2015年/還暦コンサートにて披露)

備考[編集]

著作権の概況[編集]

JASRACに於いては2018年現在、外国作品/出典:PJ (サブ出版者作品届) /作品コード 0M2-5134-2 MILLIONS OF ROSESとして登録[13]
内外含め53名が「アーティスト」として登録されている(2018年2月現在)[13]

本作の出版者は、MIC REC PUBLISHING LTD。日本におけるサブ出版[14]ビクターミュージックアーツ株式会社である[13]

「訳詞」としてJASRACデータベース上に登録があるのは、松山善三加藤登紀子である[13]

脚注[編集]

  1. ^ 日本では『マーラが与えた人生』の題で紹介されていることがある。なお「マーラ」はラトビアの神話に登場する女神で、ラトビア神話の神々のなかで最高位にある神のひとりである。
  2. ^ コンテストの映像 2021年2月閲覧
  3. ^ 「レオンス・ブリアディス」の苗字のカナ表記は「ブリエディス」とも表記される。
  4. ^ a b c d 朝日新聞2008年11月1日土曜版 be on Saturday Entertainment
  5. ^ TVNET Izklaide : Mūzika : Video/Audio : Mikrofons 2005
  6. ^ Latviešu dziesmu serveris (リンク切れ)
  7. ^ YouTube オゾルス「マーラは与えた」(Ozols - Dāvāja Māriņa)2021年2月閲覧
  8. ^ a b 大木俊治 「『百万本のバラ』の故郷へ」 『毎日新聞』 2009年11月24日、13版、10面。
  9. ^ 山之内重美『黒い瞳から百万本のバラまで ロシア愛唱歌集』東洋書店2002年 ISBN 978-4885953934
  10. ^ YouTube イーゴル・クリード「ミリオン・スカーレット・ローズ」(Егор Крид - Миллион алых роз)2021年2月閲覧
  11. ^ 富沢一誠(監修)『J-POP名曲事典300曲 「シャドー・シティ」から「Hello, Again 〜昔からある場所〜」まで誕生秘話』ヤマハミュージックメディア2008年、259頁。ISBN 978-4-636-83873-2
  12. ^ 兵頭ニーナ。日本で最初にレコードをリリース。現在、札幌でロシア料理店『ペチカ』を経営。http://pechika1648.com/nina/
  13. ^ a b c d e JASRAC作品データベース検索サービス J-WID 検索結果
  14. ^ 音楽出版者が全世界の地域について単独でその活動を行うことは難しいことから、特定地域の出版者と、その地域についての利用開発やプロモーションを任せる契約を結ぶことがある。この場合、作詞者・作曲者から直接権利を取得した音楽出版者はOP(Original Publisher)と呼称し、OPと契約を結び特定地域についての活動を任せられた音楽出版者はSP(Sub Publisher)と呼称する。

外部リンク[編集]