「偏差」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
{{Otheruses|統計学の偏差|方位磁針における偏差([[磁気偏角]])|方位磁針#偏差|[[気功]]の副作用|偏差 (気功)}}
'''偏差'''(へんさ、{{lang-en-short|deviation}})とは、[[統計学]]において、ある[[母集団データ]]に属する数の1つのに対して母集団の基準値([[算術平均|平均値]]や[[中央値]]など)との差のことである。偏差は母集団内データ要素1つ1つ各値に対して定まるものである。
 
'''偏差'''(へんさ、{{lang-en-short|deviation}})とは、[[統計学]]において、ある[[母集団]]に属する数値と、母集団の基準値([[平均]]や[[中央値]]など)との差のこと。偏差は母集団内の要素1つ1つに対して定まるものである。
 
== 偏差値 ==
 
== 絶対偏差 ==
'''絶対偏差'''({{lang-en-short|absolute deviation}})とは、偏差の[[絶対値]]のこと。基準値([[算術平均|平均値]]や[[中央値]]など)との差の[[絶対値]]。
 
== 平均偏差・平均絶対偏差 ==
'''平均偏差'''({{lang-en-short|mean deviation, average deviation}})や'''平均絶対偏差'''({{lang-en-short|mean absolute deviation, average absolute deviation}})とは、絶対偏差の平均のこと。基準値と測定値の差の絶対値の平均値。通常は、基準値として算術平均を用いる{{sfn|JIS Z 8101-1 : 1999|loc=2.18 平均偏差}}。偏差の統計量。
 
== 標準偏差 ==
{{main|標準偏差}}
データの[[標準偏差]]とは、元のデータの値たちを、平均値を変えず絶対偏差を一定値 {{mvar|s}} に取り直したとき(データの大きさが奇数のときは同じデータを併せて偶数にする)、2つのデータベクトルの[[ユークリッドノルム]]が等しくなるような {{mvar|s}} のこと。データの偏差の[[自乗]]の平均の平方根(非負)に等しくなる。標準偏差は偏差の一部ではない。値が全て有理数でも標準偏差は平均偏差と違い無理数になることが多い。標準偏差は常に平均偏差以上になる。
[[標準偏差]]は、全要素の偏差より算出する全体の[[分布]]に関する数値である。偏差の一部ではない。
 
== 無線工学 ==
匿名利用者

案内メニュー